2008年02月18日

ジョジョを全巻読んで思ったこと。

先日、一気にジョジョを6部まで読み終えました。

ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン 17 (80)
荒木 飛呂彦

集英社 2003-07-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずっと好きでいられる作品が、また出来ました。
まぁ、ちょっとかさばりますけどね(笑)
仙台の生んだ最大の著名人は荒木飛呂彦であると
断言できます。これからは。

さて。

とはいえ、ちょっとここで今更1〜6部の
感想をつらつら書くっていうのも
普段ここを見に来てもらってる皆さんの
客層とも違うんだろうな…という気がしているので、
そのうち、機会があったらちょこちょこ書いて行こうと思います。
目標としては「スティール・ボール・ラン」の新刊が出た時に
新刊のレビューでもできればいいなと思っています。

で。

全巻読んでおもったことを一つ。

「洋楽聴いてみようかな」

ネタとして使われてるのがあまりに多いので。

4部が仙台人であるからこそ地元ネタがわかって
数倍楽しめたというのと同じように、元ネタの音楽を知っていたら
きっともっと楽しめる気がするんですよね。この作品。

今まで洋楽っていうとなんとなく敬遠してましたが
敷居が低くなる瞬間なんて案外こんなもんなのかもしれません。

何から行こうかな…。

使われてる語彙の中で響き的に一番好きなのは
「アナザーワン・バイツァダスト」ですけども。


posted by 日高見 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョジョネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。