2014年09月07日

【バレ注意】電大2014“ウマ肥ゆる秋”新代田メモ。

ライジングの興奮さめやらず、間にレキシ武道館も挟んだりしつつ
新代田電大行ってまいりました。
実は電大で東京行くの地味に初めてなんですよね。宇都宮には行きましたけど。



とういうことで、慣れない私鉄で乗り換えに相当わたわたしつつ、
たどり着きました新代田FEVER。
場所が駅前で分かりやすくてホントによかった…!

ということで、以下レポメモです。
気になる方のみ続きをどうぞ。

--------------------------------

初FEVERですが、ステージは低め。
ドリンクカウンターにぴったりくっつくカンジで入場。
250番台で入る時点ですでにドラムは見えません。
結構前方に男性が多かったのでてし海老はどっちかが見えたり
どっちかが見えなかったりのシチュエーションが多かったかも。
圧縮とかあると位置も変わるんですが、電大は最初のポジション取りが
すべてなところがあるので、とりあえず今日は
東京初心者らしくこんなもんでいいかなと。

ということで。

しばしの待ち時間のあと、
流れてきた音楽はインディージョーンズのテーマ曲。
ライジングがD-SHOCKだったからまさかここもかと思いましたが
よかったよかった。

メンバーは白のツアーT。
ということで演奏スタート!

--------------------------

01 オートクチュール
02 太陽の季節
03 Heaven's Door

-----

自分は結構先日のライジングで電大に切り替わってたので
相当ノリノリでいたのですが、フロアの雰囲気的には
まだ探り探りな雰囲気があってこの辺の一体感はまだあまりなく。

そういえば、このサイズのライブハウスって言うと音が突き刺さってくる
印象がありますが、そんなに前にいなかった事もありますが
ここの音響にはずいぶんマイルドな印象を受けました。不思議。

そんなこんなで恒例おしゃべり。

川西「こんばんはー!
   今日お誕生日の手島君とやってます電大でーす!」

海老「えっ!! テッシー今日誕生日?」

まさかの誕生日認識しないえびどん。

ハッピーバスデーを客席とみんなで。

てし「ありがとうございますホント。
   なんだかんだで51迎えてしまいましたねぇ…。」

てし「去年の誕生日は武道館でしたからね。でもここでも気持ちは同じですよ。
   何だかんだで誕生日は毎年ライブをさせていただいてますが。」

海老「テッシー、誕生日は人前に出たいタイプなんだ!」

川西「いやいや、結果的にしょうがなく毎年ライブやってるんでしょ」

てし「違うわ!」

てし「このツアー、本当は僕の誕生日で始めて、
   川西さんの誕生日できれいに終わらせたかったんですが、
   そうはうまくいかないものですねぇ。」

川西「25…24本だっけ?」

てし「23本ですって。
   まあ50すぎたし10以上になったらたくさんでいいですけど。
   電大は50代2人になりましたしねぇ。」

川西「50代ふたりって去年からそうじゃん(笑)」

てし「いいから(笑)」

川西「電大は半年ぶりだねえ」

てし「そうそう、久しぶりなんです。
   こないだライジングジャパンに出たじゃないですか」

川西「何て?ライジングジャパン?」

海老「北海道でも人気でビックリしましたよ!」

てし「意外と全国で大人気でですね…えー…これをステルスマーケットって言いますよ。」

川西「なんて?」

てし「全国で大人気!とか噂流すんですよ(笑)
   詳しくはWikipediaで検索してください」

てし「まあ、今回のツアーは新曲とか無いんですけど、
   いろいろ楽しめる内容にしていきたいと思いますんで、
   最後までお楽しみください!」

------
04 D-SHOCK
05 Body Guard
06 看護婦ロック(イントロ)〜俺のタクシー

-----

看護婦ロックキタ―!と思ったらまさかのイントロだけで
そのまま電大アレンジの俺のタクシーへ。
まさか電大でタクシー聴けると思わなかったので相当ビックリ。
会場全体でどこいったコール。スタンディングタクシーも楽しい!

川西「そういえば、俺らこないだまで本家の方でツアーやってたんだけど、
   テッシー、ツアーの思い出とか、美味しかった食べ物とかある?」

てし「え、えー、なにかな、海老さんどう?」

海老「え、何?ナニ?好きな食べ物の話?」

てし川西「違うわ!」

海老「好きなフルーツとか言えばいい?アイドル的に。えーと、パンケーキとか?」

  「あ、パンケーキフルーツじゃない?じゃあナシゴレンとか?

てし「ナシゴレン果物じゃないわ!焼き飯的なものじゃ!
   えーと、そうだな、パンナコッタとか?え?古い?」

海老「ナタデココだ!え?果物じゃない?」

川西「だーかーらー!ユニコーンのツアーの思い出とか!」

海老「あーあー!」

てし「直近では山形だよね。」

海老「覚えてる!冷やしラーメン!あと萩の月とか!」

てし「誰がハゲの月じゃ!」

海老「言ってない!言ってないよ!テッシーがそう思ってるだけでしょ!」

てし「…寄る年波には勝てませんわ」

川西「こないだ北海道いったじゃん?なんか食べた?」

てし「ホッケ!」

川西「え!ホッケたべてないでしょ!」

海老「川西さん、大人げないなあ(苦笑)」

てし「しかしgdgdでお送りしておりますよ。」

海老「うん、なんか思いだしてきた。こんな感じだったね。」

てし「やぁ〜、しかし暑いねぇ。」

川西「そりゃこないだまで高校野球やってたしね?」

海老「こないだって、もう30何年前だよ?」

川西「(笑)お前のことじゃないわ!
   うん、なんか思い出してきたわ電大。曲でもやる?」

てし「50過ぎて最近、笑う事が多くて目がますます細くなってしまってですね。」

川西「やらんのかい! ていうか俺の方がちっちゃいわ!
   はい、曲やるよ?」

------

07 白くぬりつぶせ
08 ガッツだせ!!!
09 夢見た男(ボサノバ風?沖縄風?)

-----

夢見た男はボサノバ風というか不思議なアレンジが施されていましたが
途中からだんだん沖縄風な様相を帯びて来て
客席からも掛け声がかかる始末、最初みんな通常のバリアのような
手の振り方をしてたけど、最終的にはカチャーシー的踊りに。



海老「やあ、リハでもやったけど、今のが一番いい出来だったね!」
   みなさんの謎のダンスのおかげで…」

てし「謎の踊りと言えば、ツアーん時のEBIのあの踊りはなんだって話なんですけど。
   客席と一体になって宗教じみてましたよ。」

海老「無意識なんで覚えてないですねぇ(笑)
   客席見たらみんな踊ってるから、みんな何踊ってんの?って思ったら
   自分踊ってたって話で(笑)」

てし「ということで、ツアーってことで
   今回Tシャツを作ったんですが今回はこだわってますよ〜!
   なんせ自分の着たいもの作ってもらったってことで」

海老「着心地すごくいいもんねぇ!」

てし「なんせ汗が染みないからね。」

海老「47オンスだったっけ。」

てし「いやいやいや4.7(笑)」

海老「4.7っていわれてもわかんないよねえ(笑)」

川西「汗…染みてるよ?染みてるよ?」

てし「川西さんは何かがおかしいんです!」

てし「汗染みっていうと、そういえば母乳ってほっとくと赤くなるじゃないですか。」

海老「えっ!何テッシー急に!ほっといたことあるの??」

てし「えっと。是非後でWikipediaで検索してみてください。」

謎の母乳トーク炸裂のてし。客席からも微妙な反応が(笑)

てし「そうそう!今回グッズ色々作ってますが、マスクケースは
   川西さんの発案なんですよ。こんなん思いつかなかったなあ。
   しかし、マスクケースって書いてしまってからしまったと思ったけど、
   クリアファイルでできた封筒として何でもつかってくれるような
   ネーミングにすりゃよかったとちょっと後悔しとります。」

てし「えーっ!ということで!
   今日はせっかくなので自分の誕生日の入ったステッカーを皆さんに
   お配りしています。今日限定でシール作ったんですよ。
   寧ろこっちがプレゼントしてると言う(笑)」

そうそう。ドリンクチケットと一緒に渡されたんで何かな?と思ってたやつ。



   「定期とかそのまま出しておくとストーカーとかに行先わかりますからね、
   シール貼って『あ、電大なんだ』とか思わせてください」

川西「それだと自分で行先わからなくなっちゃわない?」

てし「…そういう方は病院いってください。」

川西「でもさ、シール貼って厚くなっちゃったら通らなくなっちゃわないかな?」

(会場全体から「川西さん、スイカは改札通さないよ…!」という空気)

川西「ちょっ、チャージするときだよ!それぐらいわかるわ!」

てし「ご高齢ですからね。皆さんが心配を。」

てし「まあ、ちょっと余ってるんで、もっと欲しいという方は
   お土産にあとで物販で販売していますんでどうぞ(笑)」

今回はかなり物販押しのてし。
確かに使い勝手よさそうだもんなあ今回の物販。

-------------

10 それだけのこと(ロック風アレンジ)
11 Lovers
12 豪快男児
13 炎のモーニングコール

-----

ちょっと聴いたことがないイントロから始まると思ったら
まさかのロック風アレンジのそれだけのこと!!!
イメージが違いすぎるけどこれもまたこれでいい。
歌はともかく(笑)演奏は安定の3人なので、ユニコーンの曲の
新解釈が楽しめるのも電大の魅力ですね。

タオルで汗を拭きつつ、なにやらタオルをもふもふする海老さん。

海老「テッシー!なんかタオルいいにおいする!」

えびどん、洗剤のCMかい!(笑)

海老「テッシーアレ使ったでしょ!ダウニー!」

てし「レノアハピネスじゃ!おひさまの香り!」

川西「おじさまの香り?」

てし「売れるかい!(笑)」

川西「おじさまにも色々あるからね。」

海老「タオル、おろしたてだと汗を吸わないからわざわざ洗ってくれたんだ?
   やっさしー!」

ダウニーといい、
てし、お洗濯にこだわってるんだなあ(笑)

てし「そうそう、実はギターが新しくなりました!黒い奴!」

川西「いえいいえいいえいいえい!」

客席とゆるーくコール&レスポンス。

てし「いえいいえいって(笑)
   ホントは別の人の役割なんですけどねぇ、それ。
   ここにはツッコミがおらんので(笑)」

てし「こんな俺達ですけど、今日初めて電大に来た人いたりします?」

ちらほら手が挙がる。

てし「こんな感じなんです!申し訳ない!」

川西「ていうか座ってると俺見えないしね。ごめんね!
   下北沢だと見えると思うんだけどね。」

てし「今度ここに台つけてもらおうよ。」

川西「天井ぶつかるよ(笑)」

てし「ぶつかるぐらいええっちゅうねん!」

川西「ハゲるじゃん(笑)」


てし「えー!というわけでツアー、色々まわります!
   西川口とか柏とかちょっと遠いけど是非来てください!」

客席から下北沢ー!の声。

てし「あっ!近いんですっけ下北沢。」

客席から歩けるよー!の声。

てし「じゃあ、みなさんハイキング気分で、
   水分補給しながら是非歩いてきたてくださーい!」

おじさまの香りの下りはもっと長かったと思うんですが、
としまえんの話とかあんまり覚えてないので割愛します(^^;;
川西っつあんがやけに温水さん推しをしてたような記憶。

-----

14 Chuo Free-Way
15 愛の陽炎
16 ROUTE31
17 ハレルヤ

-------

電大曲はどれもだいぶ聴きなれた曲ばかりだけど、
しかし久々のスタンディング電大はやっぱりたのしい!
最初ちょっと違和感があったフロアも沖縄バリア(笑)あたりから
一体感が素敵な感じになってきましたね。

そんなこんなでおしゃべりの合間に音楽をしつつ、本編終了。
そうそう、これが電大でした。
メンバーも客席も思い出しながらのツアー初日です。

-----------------------

アンコール拍手はいつの間にかテッシーコールになり
前方にはこのために用意してきたのか、お子様ランチみたいな
小旗を振る人が多数。twitterではそんな企画の話は聴かなかったので
どっか別の界隈で企画でもあったんでしょうか。

で、テッシーコールの中テッシー参上。

てし「いやあ、ホントありがとうねえ。」

海老「よし!ケーキお願いします!」

誕生日ライブにありがちな展開を期待するも…出ない(;_;)

てし「いや、ケーキはね!今日はなしですよ!
   ここでケーキ食べちゃうと長くなっちゃうんで!」

ライブ後ケーキは食べてたようですけれど
舞台上の演出をこんなに固辞したのは時間だけの問題だったのかな?
折角だからケーキも見たかったですねぇ。

てし「川西さんがもうすぐ55になるじゃないですか。」

川西「あ、そうだっけ」

てし「あんだけコンド55コンド55って言ってて!」

てし「折角だからゴーゴー川西フェスティバルでもやりたいなって思ってて。
   川西っつあんが歌いまくるっていう。」

川西「えー、2人でカラオケ行けばいいじゃん(笑)」

てし「55歳まで生き延びられたってことで祝わないと!」

川西「まあ、俺27歳で死ぬと思ってたからね。自分のこと。
   偉大なロックスターってみんな27で死んでるから。」

てし「そういうのに限って長生きするんだから(笑)」

海老「でも川西さん若いもんなー。」

川西「まあ、同窓会とか行くとうわーってなるからね。」

海老「そうそう!うわーってなる!」

川西「あー(笑)」

先日同窓会に行ったばっかりじゃないですかえびどん。
http://yaplog.jp/ebi-14/archive/1084

海老「えっ!!あっ!!
   でもですね、感動しましたよ先生サプライズで来てくれたりして!」

てし「海老君、昨日のことはよく覚えてないけど
   小中の頃のことって異様に覚えてるよねえ。」

海老「まあ、その頃は頭良かったからね(笑)

川西「でも、テッシーもかつては神童って呼ばれたんでしょ?」

てし「まあ(笑)」

海老「川西さんは全く変わってないもんなー!」

てし「それが凄いんですよ。生まれた時からこんなんって(笑)」

--------------

てし「電大の時は5人の時よりユルくなるんだけど、
   でも電大の時の方がしんどいね。ユニコーンは皆で歌うしね。」

川西「え?そう、タクシー重かったよ?」

てし「DJだって重かったちゅーねん!しかも空まで飛んでるし。
   EBIだって最後には飛んでたし」

海老「あれは辛かったなー(笑)
   今回はまわしてるだけだから(笑)」

川西「あれって自分ちで練習したりしてんの?」

海老「やってないって!」

川西「近所の駐車場で(笑) 子供とか集まってきちゃうね。」



海老「やってませんて!!(笑)」

てし「こないだはスペースが無くてちゃんと回せなかったんだよね?
   大坂の時はちゃんとスペースとらないとね。」

てし「しかし、傍から見たらただオッサンがフラフープまわしてるだけですからねぇ。
   後ろでつれづれ〜♪とか歌ったりして。
   だから後輩から尊敬されないんですようちらは(笑)」

川西「…尊敬されたいの? テッシー尊敬されたいの??」

てし「そりゃちったぁされたいわ!(笑)」


で、曲に行こうとコードを引きはじめたテッシーに合わせて
えびどんがハッピーバースデー♪を歌い始める。
しかも「ハッピーバースデー ミスタープレジデント♪」って
モンローかいっ(笑)

てし「そのためにコード弾いたわけじゃないけど(笑)
   ありがとう(笑)」

はにかみつつ、曲へ。

---------------------

EN1-00 ハッピーバースデー(EBIによるアドリブ)
EN1-01 泉のそばの橋を渡って
EN1-02 ハイウェイスター

----------------------

そんなこんなで電大初日が終わっていくのでした。
もっと誕生日演出あっても楽しかったのになー!と思いつつも
何かとハッピーバースデーをねじ込んでくるEBIさんに笑いつつ、
この空間で皆でてし誕をお祝いできてホントよかったです!

セトリもさすがのよい流れで良かったです。
ハイウェイスターやってくれなかったらどうしようかと思ったら
最後の最後にやってくれてよかったよかった。

お疲れさまでした!(`・ω・´)

この後電大ツアーは東北公演3つ、行く予定でおります。
物販がっつり買い込んだんで次回はちゃんと電大Tで参戦します!
どんな進化を遂げているか楽しみです!


-------------------------
電大ツアー 2014 ウマ肥ゆる秋 
2014.8.27 新代田FEVER

<セットリスト>
01 オートクチュール
02 太陽の季節
03 Heaven's Door
04 D-SHOCK
05 Body Guard
06 看護婦ロック(イントロ)〜俺のタクシー
07 白くぬりつぶせ
08 ガッツだせ!!!
09 夢見た男(ボサノバ風?沖縄風?)
10 それだけのこと(ロック風アレンジ)
11 Lovers
12 豪快男児
13 炎のモーニングコール
14 Chuo Free-Way
15 愛の陽炎
16 ROUTE31
17 ハレルヤ

-------

EN1-00 ハッピーバースデー(EBIによるアドリブ)
EN1-01 泉のそばの橋を渡って
EN1-02 ハイウェイスター
posted by 日高見 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しいライブメモありがとうございます。初日、行きたかったぁ。
柏には行きました。おじさまの香り、ここで話していたんですね。(笑)
あとは下北沢です。楽しみー。では
Posted by れい at 2014年09月18日 15:38
→れいさん

おじさまの香りはどうやらここからだったようですね。
仙台ではもう言ってなかったから、彼らの中での
ブームは去ってしまったのかしら(苦笑)
下北沢の頃にはどんな進化をしているのか…
是非見届けて来てください!
Posted by 日高見 at 2014年09月24日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。