2014年06月12日

ユニコーンイーガジャケジョロツアーin山形初日メモ。

まだまだ先だと思ってたのに、気がついたらあっという間にこの日。
イーガジャケジョロツアー、ホールツアー最終の山形です。



万感の思いを込めて
2回にわたりまして、山形2日間のメモを残しておきたいと思います。

------------------------------------------------

ちなみに2日目の内容についてはエキサイトにほぼ完ぺきな
写真付きレポが載っておりますので、2日目の様子はこちらで
是非ご覧いただければと思います。

http://www.excite.co.jp/music/report/1406_unicorn/

-------------------------------------------------

また、これまでの当ブログ内公演メモはこんな感じです。

---------------------------------------------------
【過去のイーガジャケジョロツアーのメモはこちら】

市原 http://nisemania.seesaa.net/article/394154903.html

さいたま初日 http://nisemania.seesaa.net/article/394752694.html

郡山(遅刻のためほぼアンコールのみ)
http://nisemania.seesaa.net/article/395786526.html

仙台 http://nisemania.seesaa.net/article/396185341.html

こちらもお時間がありましたら是非どうぞ。
---------------------------------------------------

いつものように、過去分と同じ演出等については
割愛する方向でメモさせていただきますので、
全体の流れを把握されたい場合にはこちらもご覧ください。
(※市原を見ていただくと多分一番詳しいです)

というわけで、以下本文です。気になる方のみ続きをどうぞ。

---------------------------------------------------------


会場の山形県県民会館…もといやまぎんホール。
この場所自体には年に何度か来ていますが、中に入るのは
今のところユニコーンの時だけなので、実に3年ぶりになります。
ユニコーンのライブにとって聖地の一つではありますが、
自分にとっても40祭から今まで、節目節目で訪れてきた大切な会場です。

ホール自体はとてもコンパクトで、席と席との間も狭くなっています。
傾斜が結構急なので、独特の一体感があります。

ステージの天井はあまり高くないのか緞帳は長さがだいぶ余っているようで、
フラ忍者の足あたりはだいぶくしゃくしゃっとなっていました。

山形公演を待ちかねた客席の一体感は物凄く、
開演時の拍手はもう会場が割れそうなほど。
山形は今日も何だか凄くなりそうだ。

ということで、エビでもドアからのスタート!
本日の本編衣装は黒ツナギ!

---------------
01 夢見た男
02 KEEP ON ROCK’N ROLL
03 スターな男
---------------

スターな男おわりのドラムソロ超かっこいい!

そんあこんなでてしの冒頭のご挨拶。

てし「こんばんはー。ユニコーンでーす!
   今日は俺が生まれた山形にもどってくることができて…本当に嬉しいです!」

おいおいおい。冒頭から、しかもテッシー。

民「え?どこ?」

てし「えっ… て、天童で! 五角形の顔してるでしょ!」

【将棋 飾り駒・置き駒】王将 (1尺1寸(約33cm))

民「へぇ〜 はじめて聞いた! よっ!天童!

てし「よっ天童てwwwwww」

てし「えーでは最初にメンバー紹介を…
   コンド55号!ニセン14!OT!」

てし「そして帰ってまいりました!あべどん!」

大拍手。拍手。拍手。

民「いやぁ…このお客さんの半分は阿部がヤッてるかと思うと…!」

てし「はい!次の曲行きますよ!」

-----------------------

04 あなたが太陽
05 あやかりたい'65

-----------------------

初日は「あやかりたい」。
A系セトリ確定で明日への期待が高まります。

そして山形EBIス・プレス楽器団の紹介を経るいつもの流れで…

-------------------

06 お前Baby
07 ハヴァナイスデー(vo.EBI)

-------------------

そのまま休みなくWAO!へ!
ここって最初からつながってたっけか…?
凄く自然につながっててなんかビックリしました。

-------------------

08 WAO!

--------------------

そしてついに来ました山形阿部ショータイム!

あべ「いえーーーーーーーーーーーーーいっ!
   今日は俺達が生まれたこの山形に帰って来られて…!
   本当に嬉しいです!」

あべ「俺は…このやまぎんホールで生まれた俺達は…

民「俺らもここで生まれたんかいっ!(笑)」

あべ「まあ、実際生まれたのは済生館病院なんですけど(笑)」

あべ「23時47分にここやまぎんホールで生まれた俺達5人は、
   その後散り散りになりまして…
   ようやく今日集合することができました!」

てし「ドラゴンボールみたいですね(笑)」

あべ「今日はビッグになって戻ってきた俺達から一瞬たりとも目を離さないでくれ…!」

あべ「今日はビッグになった象徴としてフライングVを6本持ってきたワケですが…」

川西「V6?」

あべ「こんばんは…V6です……。」

あべ(コマネチ的ポーズをとりつつ)「V6ッ!」



あべ「といいつつ次の曲はここじゃないんで、移動しますね」

定位置について扇風機をON。
ふわふわする前髪を風になびかせながらひとこと…

あべ「ASKAっ!!!」

民「わぁあー!あー!あー!
  『明日か』ってことだよね。ですよね。はい、次の曲―!」

----------------------------

09 鳥の特急便

----------------------------

そんなこんなでタクシー劇場。
今日も元気な川西運転手。

川西「ヤマコーハイヤーにご乗車ありがとうございます。
   今日はどこまでだケロ?」

東北弁を喋ろうとした結果、ケロが語尾につくだけの
カエルキャラのようになる川西っつあん。

あべ「えー…(笑) 俺んちまで。」

川西「はいはい、わかりました。今日はご親族の方が?」

あべ「あ、はい。男性二人と女性一人。」

メンバー登場。
なんかしなってオネエっぽく出てくるてし。

そのままタクシースタートからの川西劇場。

--------------------------
10 俺のタクシー
11 トキメキーノ
12 イーガジャケジョロ
--------------------------

民「タクシー、ついに壊れましたね。」

てし「もう使って長いからね。修理に出さないと。」

民「明日はどうすのるのかな…。」

どうやらヤマコーハイヤーのどこかが壊れたらしい。
しかし全く分からなかったし2日目も普通に出てきた。
どこが壊れたんだろう?

民「しかし、このホール…僕たちが生まれたホールですけど(笑)
  今もまだ残ってるってのが嬉しいねぇ…」

てし「ここ、こう見上げると客席が小高い丘みたいなんだよね。」

民「昔はねぇ…あそこの上まで登れなかったんですよ
  のぼるとコロコロコロ―っておちてきて。コロコロコローって。」



てし「上から何か落ちてきたらここまで落ちてくるんだろうなあ(笑)」

このへんで次の曲の準備をしながら
YAH YAH YAHの鼻歌を歌い始めるてし。

民「鼻唄を歌うなっ(゚Д゚)」

チャゲアスネタ好きですねぇ(苦笑)

民「そういえば、今日山形に来たんですけど、
  なんか一人いないなと思ったら、テッシーだけ前のりしてるんですよ!
  普通移動は今日でしょうが!テッシー、前のりして何しよるん?

てし「山形はね、空気が美味しくて」

民「空気が美味しいてなんですか。本当に一人だったん?」

てし「一人ですよ」

民「そ。じゃあ次の曲は前のりから紹介してもらいましょう!」

てし「前乗りてwww えー、じゃああべどんの曲を聞いてくれい。」

-------------------------------

13 We are All Right
14 ユトリDEATH
15 新甘えん坊将軍〜21st Century Schizoid Man

-------------------------------

甘えん坊将軍は仙台で見ているのですが、
テッシーが歌いながらお茶を客席に配って歩くのは
仙台ではやっていなかったので、遠巻きに見ながら
「これがよくツイッターで写真が上がってたお茶演出か…」と
思ってしみじみ見ていました。
お茶はピックと違って投げてもあまり遠くまで行かないので
ほぼ最前近くにしか届いていなさそうでしたけど。

グッズで10個パックとかで売ってくれたら
普通に買うと思うんですけどねぇ(笑)

-------------------------------

16 それだけのこと〜BLUES〜新甘えん坊将軍

-------------------------------

てし弾き語りがそれだけのことで終わりだと思ったら
その後メンバーが出て来てスタンディングオベーションからの
ひきがたりアンコール。
これについては実は全く知らなかったんでサプライズ感があって
嬉しかったんですが、どこからか恒例になってたみたいですね。
甘えん坊将軍のアレンジがもうほとんどモンキーマジック(ゴダイゴの方)で
そのまま「はいどうぞ はいどうぞ はいどうぞ♪ モンキーマジック♪」
って歌いだしそうな雰囲気でした(笑)

民「やー! すばらしい!
  そうか!テッシーこの練習のために前乗りしてたんだろ!
  その辺でキーボードだして弾き語りして!」



てし「ギターじゃないんかい!」

民「寧ろキーボードの方が上手いでしょ(笑)
  ギターより向いてるんじゃない?
  ストリートミュージシャンして相当もうかったでしょ」

てし「いやいや『はいどうぞ』って寧ろあげてるがな!」

民「800円ぐらい(笑)」

民「というとで以上をもちまして、イーガジャケジョロツアー
  山形初日は終了となります!それぞれの持ち味を存分に出し切りました!
  ということで、あとはたまに山形に来るであろうそこらのアーティストのように
  ちょろちょろっとやって帰ろうと思いますんで!」

民「じゃあ!ネクストソングをシュリンプから!」

E「OK! じゃあ次の曲は…!」

民「ネクストソング言うたやないか!」

E「…ネクストソングは!
  甘口でもない、辛口でもない、みんな大好き・・・?」

客席からぱらぱらと曲名。

E「みんないっしょにー! 早口カレーーーー!」



民「(客席に向けて)スイマセンっ!!!!」

一見アーバンな雰囲気にみせかけての
この同級生コンビのやりとりたまりませんねぇ。
スイマセンの時のOTの申し訳ない表情が凄かったです(笑)

----------------------

17 早口カレー
18 オレンジジュース
19 大迷惑
20 Boys&Girls
21 Feel So Moon

----------------------

いつもの流れで最後の畳みかけを行い、FSMのイントロで
全員が客席に向けて手を振っていたところで突然音がブチっと切れる。

へっ!?? という顔をしてあべどん席を見つめる客席とメンバー。

あべ「停電です!」

民「停電て!(笑)」

あべ「直りました!」

ほどなく復旧して無事本編終了となりました。やれやれ。

-----------------------------------

そんなこんなで、アンコールヒゲダンス。
本日はブラックTに赤ジャージです。

今日は会場が暑かったとちょいちょいメンバーが言っていたのですが
川西っつあんの髭は完全に汗で落っこちる始末。
あべどんの髭も取れてしまって、気がついたらポンポンに
ついてたという(笑)

そういえば、応援が三三七拍子からはじまったのって
いつからだったんでしょう。仙台ではいきなりフレー!だったように思いますが。
三三七拍子→フレーフレー→はい、ちゃちゃちゃ。 の流れになってましたね。

あべ「ということで、いいともも終わったのでこの『ちゃちゃちゃ』は
   僕たちがもらっちゃおうかと思うんですよ。
   もしGLAYとかがやったら、それユニコーンのだから、ちょっと止めて、みたいな
   冷めた女みたいな態度とってもらえると。ええ。結構傷つくんですよ(笑)」


あべ「でですね。この応援をしてると、
   中学生の頃とかに体育祭の時とかに強制的に歌わされた曲を
   思い出すんですよ。えーと…」

歌を歌い始めるあべどん。
するとほどなく会場中大合唱!!!

なんだこの曲知らねえぇぇ!でも皆歌ってる!超アウェイ感!

↓この曲でした。

Wikipedia「スポーツ県民歌」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E7%9C%8C%E6%B0%91%E6%AD%8C

歌詞はググっていただくとする見つかると思うんですが
最後の「ヒップヒップ フレー」のところで
お尻を振るあべどんがなんだかもうキュンな可愛さでした。

ていうか遠征の人が多いのかと思ったら
山形の人こんなに見に来てたんだなとしみじみ。
隣の県ですけど全然聞いたことなかったっす…。

あべ「ということで、この曲をずっと歌わされてきましたが
   ユニコーンの楽曲にはその影響は一切ありません!(笑)」

あべ「で、今日のクイズなのですが、
   山形といえば…初級編です。
   山形と言えばさくらんぼが有名ですね。
   さくらんぼを英語で言うと何ていうでしょうか?
   『桑田さんのものまねで』!お答えください。」

で、ここからいとしのエリーモノマネで「チェリー♪」と歌う大会。
意外と上手いてし海老。
gdgdの川西っつあん。
そして安定のOT。

海老さんが上手かったのが意外だった(笑)

あべ「ということで、さくらんぼを英語で言うと、
   チェリーでいいでしょうか? はいかYESでお答えくださいっ!!」

-------------------------

EN1 はいYES!

------------------------

民「まぁ。山形もそのうちまたね、再来年阿部さんも50になることですし。
  そう言えば40の時もやったしね(笑)」

あべ「やったねここで(笑)」

民「まあ、また来ることになると思うんで。」

で、イイ感じにシメてすばらしい日々スタンバろうとした時に
音を出してしまうてし。

てし「すんまそーん♪(鼻歌風に)」

民「全然あやまってねぇ(笑)」

民「俺らは明日もやって明後日帰るけど、
  テッシーは明後日も残って弾き語りするんじゃろ(笑)」

てし「弾き語りせんわ!(笑)」

民「はい、じゃあひとまずありがとうございましたー!」

-------------------------

EN2 すばらしい日々

-------------------------

gdgdと山形初日の夜は更けていくのでした。

この日の演奏・演出は、2日目も経て思い返せば、
様々な微調整を繰り返しながら発展してきた今ホールツアーの
ある種集大成の公演だったのかなと思います。
満足満腹の2時間半でした。

ということで次回のメモはついにオーラス山形2日目…!
ですが、結構ボリューミーな感じになりそうなので、次の更新まで
気長にお待ちください。

------------------------------------
2014/06/04
ユニコーンツアー イーガジャケジョロ@やまぎんホール 初日

<セットリスト>
01 夢見た男
02 KEEP ON ROCK’N ROLL
03 スターな男
04 あなたが太陽
05 あやかりたい'65
06 お前Baby
07 ハヴァナイスデー(vo.EBI)
08 WAO!
09 鳥の特急便
10 俺のタクシー
11 トキメキーノ
12 イーガジャケジョロ
13 We are All Right
14 ユトリDEATH
15 新甘えん坊将軍〜21st Century Schizoid Man
16 それだけのこと
17 早口カレー
18 オレンジジュース
19 大迷惑
20 Boys&Girls
21 Feel So Moon

EN1 はいYES!

EN2 すばらしい日々
posted by 日高見 at 21:35| Comment(5) | TrackBack(0) | UNICORN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも詳細なレポ、ありがとうございます!おかげで感動が甦ってきました。
自分も勤労版に書き込みしたいのですが、何せ、記憶が断片的で、不確かで、二日間入り乱れているので躊躇しちゃいます。
 今回のライブは21年振りに山形2デイズ参戦して体力的にはげっそりでしたが、心は100%満たされて、第二次ユニ熱狂時代に突入しております!
再結成して5年目なのに、今更かと思われそうですが、やっと現実として受け入れられた感覚です。(鈍くてすみません)
 こちらのサイトの昔の活動を拝見して、懐かしいなぁ〜と感慨にふける毎日でございます。改めて素敵なサイトを作って頂いて感謝申し上げます!
Posted by くらげ at 2014年06月13日 22:37
>くらげさん

コメントありがとうございました!
なにかあれば是非是非気軽に書き込んでくださいませ。
私も今回は自分用にツイッターでできるだけその日のうちに
呟いてたんで2日分ある程度分けてメモれましたが
いつもは結構混濁しがちです(^^;;

わたしも再始動5年目で、ああ、これからも長く続いていく
第二次ユニコーンが動いてるんだなって、ところどころ実感してます。
色々な情報をまとめながら、昔から今につながるユニコーンの
アウトラインが見えていければいいなって思いながらサイトを
作っております。是非是非今後とも遊びに来てくださいませ。
Posted by 日高見 at 2014年06月13日 23:04
 お忙しいのにいつもご丁寧な返信、ありがとうございます。
日高見さんの仰る通り!「長く続いていくユニコーン」…それです、今回感じたのは!だから、二日目の阿部さんの言葉に感動して思い出してはうれし泣きする毎日です。二日目レポもお待ちしております。
 
 熱狂ついでに、解散前時代の思い出を語りたくてウズウズしてるので、掲示板にコメントさせて頂きたいと思います。(周りにユニファンがいないので)
宜しくお付き合いください。
Posted by くらげ at 2014年06月14日 22:20
日高見さん、ご無沙汰してます。
ライブレポを読んで、当日の感動が甦ってきました。

山形初日、PA席を見渡せる後方中央よりの席でした。
当日の朝、地元のテレビで「県民歌」の特集をしてて「三大県民歌」の紹介で、山形には2つ県民歌があるという知識を得て出発したのですが、まさか会場で阿部さんのスポーツ県民歌を聴けるとは思ってもみませんでした。
番組では「信濃の国」の紹介をしてたので、1日で2曲も県民歌を聴くとは・・・。山形のもう1つの県民歌は「最上川」だそうです。

5本目と24本目では全然、印象が違いますねえ。
曲から曲へのつなぎ方が、最初の頃は無駄話はせず次の曲って感じだったのに。山形では突っ込み入れつつ次の曲にいってたように思います。
個人的には新甘えん坊将軍が初めて聴けて嬉しかったです。
やまぎんホールでユニコーンを聴けたので、遠征的なライブはひと段落です。
JCIの開催でいつもと違う雰囲気でしたが、また日を改めて山形に行きたくなりました。時間のない中でも山寺にも行けて良かったです。
Posted by やっちゃん at 2014年06月16日 11:27
>やっちゃんさん

なるほど、まさかの当日朝の予習…!
私は隣の県ながら全く初耳でございまして、
ポカーンとしてしまいました(^^;;

山形は空気もおいしいし、食べ物もおいしいし、
見どころもたくさんあって(温泉もたくさんありますし)
とてもよいところなので、是非是非また改めて
訪れてみてくださいませ。
Posted by 日高見 at 2014年06月16日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399308786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。