2014年02月23日

「ヘルマン×髭 at仙台の髭部分のメモ」

※ヘルマン側のレポ・セトリ等をお探しの方申し訳ありません。
 タイトルの通り以下髭のみ言及をしたライブメモになりますのであらかじめご了承ください。

仙台でのフィリポラストステージとなる、
ヘルマンツアー初日のゲスト、髭ちゃんステージ。
それを見とどけるためにライブに参戦する…のは
ヘルマンさんに申し訳がないのではないかと葛藤はあったものの、
月末の5Daysには1日も参戦ができないという状況が確定したこともあり、
髭ファンとして参加することにしました。



以下、そのメモです。
その視点で参加していたため髭のみに言及する形となりますので、
あらかじめご了承ください。

気になる方のみ続きをどうぞ。

-----------------------

とりあえず自分はヘルマンファンの方のお邪魔にならないように
後ろの方で控えよう、とほぼ最後列の壁の隅に挟まっていました。

会場のファン層はだいたい髭ちゃんと同じような風情で
コート着たままのひととか、スーツ着たままの人とか、
思ったよりはライブライブしく無かった点が髭ちゃんとは違うところでしょうか。

会場の入りはバランスよくはいっているカンジで圧縮されているところはなく
思い思いの場所に皆待機している印象。(最前のあたりは分かりませんが…)

で、時間から少し送れて髭ちゃんが登場。入場BGMはいつもの。

--------------------

コテさんがいきなり拡声器で叫びながらの入場。
ゲスト感というか完全にワンマン感。
きたー!感の人とぽかーん感の人が3:1ぐらいでしょうか。
思いの他髭ファン(もしくは髭のノリをわかってるファン)が
多かったなあという印象で、少し安心しました。

----

MR. アメリカ
ロックンロールと5人の囚人
溺れる猿は藁をもつかむ
寄生虫×ベイビー×ゴー!

-----

というわけで、いきなりのアゲセトリで4曲連続。
フロアを見渡すとやはり会場の6〜7割は完全に髭ファンかもしくは結構知ってるファン。
ゲストなのにアメリカ始まり。会場のノリも含めゲスト感を微塵も感じさせません。

自分もおとなしくしておこうと思ったのですがやっぱり無理でした。
後方で動き易かったこともあり思う存分寄生虫で跳ねましたし。

で、先日大阪でも演奏してくれたから、今はやる流れなんだと思いますが
個人的に仙台で震災以来初めて「猿」を聞きまして、震災以来避けてるのかなあと
勝手に思っていたので、今回はセトリ的にも何か一つ区切りが出来たなあ、思っていたりして。

----------

ス「どうもちゃん髭でーす!
  いやあ、今日は木曜日ですね!いいですよね木曜日って!
  まだ休みにならない感じが!
  だって、今日あったこととか、今週あったことを反省して
  次の週にフィードバックする余裕があるってことだもんね!」

ス「今日はへるまん…へるまんえいち…?
  へるまん…ヘルマンエイチ…アンド…ザ・ペースメーカーズ…さんの
  記念すべきツアー初日に呼んでいただいて本当に嬉しいです!
  新しいアルバムもすごくいいアルバムだと聞いています!」

聴いてないんかい!という会場のツッコミの空気。

ス「だってほら、
  これからどんどん聞いていくって点では僕も皆も一緒だよ!
  僕たちの関係もこれからだもんね!一緒に聞き込んでいきたいよね!」

ス「ということで、次は僕とヘルマンの歌。僕とみんなの歌でもあるね!」 

--------------
せってん
--------------

ステキに始めた割には結構歌詞が危うかったせってんですが
やはりステキな空間でした。

ス「今日初めて髭をみてもらったひとには大変申し訳ないんですが…
  このひと2月で辞めます。」

フ「ヘルマンさん。今日は呼んでいただいてありがとうございます。」

ス「そうか!『ヘルマンさん』って呼べばいいのか!
  覚えられなくてさ…だって僕たち『髭』でしょ?」

フ「ということで…今日入れて6回で髭辞めます!」

フ「今回はヘルマンさんに呼んでいただけて、こうやって仙台の皆さんにも
  挨拶する機会ができて、本当に感謝しています!
  考えてみたら皆で車で移動するのもこれで最後なんだよね。
  このハコは十回も二十回も来てるので、多分夢に出てくることになると思います!」

ス「長くフィリポとずっとやってきたけど、フィリポもめっきり胃が出てきたよね。
  なんかTシャツの柄が凄いことになってるもん。
  ていうか、そのシャツあったばっかりぐらいの時から着てるよね!??」

フ「そう。ものもちいいの。
  そのかわり最近はライブの時にしか着なくなったけどね。」

突然フィリポ席にあったコーラを振ってブシューっと
しはじめるストー。
しかし豪快にぶちまけるでもなく、ぼやっと噴出して終了。

フ「なんか中途半端だなあ(笑)
  もっとぷしゅーっ!って行くかと思ったのに。」

ス「噴出して濡れちゃうとやばいしね(笑)
  新品のコーラ半分になっちゃったね。」

フ「まあ、気が抜けたコーラの方が好きだからいいよ。」

ス「よし。それじゃあみんなで踊ろうか!」

---------------------
ボーナストラック
テキーラ!テキーラ!
それでは皆さんよい旅を!
---------------------

フロアをひっかきまわしたナンバーの後、
大団円で

------

-------

…と思ったら!
いや、虹は虹だったんですが!

ステージ上にただならぬ雰囲気を感じて良く見ると
いつのまにかギターを放棄し踊り狂うUK!
その後ギターは手にしたものの、心はどちらかというと踊りの方に向いている。
それをみて笑いが止まらない宮っTea師匠。
メンバー大爆笑。

おいおいおい!
ラストの『虹』だから!(笑)
なぜかこのシチュエーションの『虹』で
予想外にメンバーもフロアも大爆笑になるのでした。

最後は宮っTea師匠がフィリポを持ち上げようとして…つぶれて爆笑。

最後まで笑、笑の40分ぐらいなのでした。

-------------------

その後ヘルマンのライブとなったわけですが、
メンバーがフロアに出て来て普通に見ていたというか
UKがかなり自由に踊っておりました。
壁側にひっついていたのですが、すぐ隣のパーソナルスペース内に
なんか酒くさくてデカイ人が急に来たと思ったらUKでかなりビビりました(笑)
壁とUKに挟まれて全く動けない始末(^^;;;
最終的に隣で踊り始めるし、はわわ〜!となったひと時なのでした。

ヘルマンさんは今回初聴き初ライブだったわけですが
平床さんのキャラがかなり良かったです。
突然のアンプトラブルで20分ぐらい中断するというハプニングもあったのですが
絶妙なトークで間をつないでおりました。
曲聴いてて全体的にああ、同じ世代で音楽聴いてきた人なんだなって
感じられるような、そんな曲達でした。
髭ちゃんと合うのかなあ…?と思っていましたが絶妙にマッチしてますね。

で。
22時過ぎにライブは終了。

終演後は物販に出て来てちょっとした髭パ状態になっていたので
フィリポに軽くひとことかけることができました。
ということで、仙台でしっかり見届けることができてよかったと思います。

そんなこんなで、下北沢の髭ちゃんは1日もみることはできませんが、
自分にとっても髭ちゃんに思い入れの深いこの仙台JUNKBOXでフィリポを
お見送りできて良かったと思います。
下北沢も良いライブになりますように。

----------------------
2014.2.20 Hermann H.&The Pacemakers
「"DANCE 'EM ALL" 2014」ツアー@仙台CLUB JUNKBOX
【ゲスト;髭】セットリスト

01 MR. アメリカ
02 ロックンロールと5人の囚人
03 溺れる猿は藁をもつかむ
04 寄生虫×ベイビー×ゴー!
05 せってん
06 ボーナストラック
07 テキーラ!テキーラ!
08 それではみなさんよい旅を!
09 虹
posted by 日高見 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。