2013年09月18日

髭 CLUB JASON in東京キネマ倶楽部(9月)メモ。

矢継ぎ早に訪れる次なるライブは。。。



十三日の金曜日恒例髭ちゃんの仮装ライブ、
CLUB JASON in 東京キネマ倶楽部!

自分的に初めての会場、鶯谷駅からすぐのところ。
駅からも良く見える会場。

というわけで、以下ライブメモです。
Ust中継やってたので間違いもあるだろうメモに
ニーズがあるかどうかですが個人的備忘録ということで(^^;

ちなみに「CLUB JASON」については、先日ライブDVDが出ているので
もし気になる方いたら是非是非!
B00AZGGJEKCLUB JASON THE MOVIE(初回限定生産) [DVD]
日本コロムビア 2013-03-19

by G-Tools

映像作品仕立てだけど、普通のライブビデオとしても楽しいです(`・ω・´)

ということで、
気になる方のみ続きをどうぞ。

----------------------------


今回の会場は元キャバレーだった施設を元に、
大正ロマンのオペラハウスを再現した、というライブハウス。
内装は相当凝っていて、とても雰囲気のある建物です。

(公式)http://www.kinema.jp/

開場は18時だったものの、仮装をするというイベントの性質上、
17時から中の楽屋用の部屋が開放されて、更衣室となりました。

自分は今回はかぶり物の死神ですが
かぶり物は暑過ぎてほぼ被っていませんでした(笑)

更衣室のスペースは広くはなく、
いつぞやの渋谷JASONをほうふつとさせる雰囲気。
着替えたらすぐに外に出なければならないので、あんまり早く着替え
すぎるのも考えものなカンジでした(^^;
その点、リキッドだと着替えてから外界に出ることはほぼないので
仮装の環境としてはイイですよねえ…。
後述の通り、ステージとかはとても雰囲気がある会場なので
ライブハウスとしてはステキなんですが、JASON的には一長一短(^^;

着替え後は外にでて開場を待つ感じで、街の人に好奇の目で見られますが(^^;
立地の関係上、会場のすぐ前に並ぶ、番号早めの人はそんなに恥ずかしくは有りません。
その場で写真をとったり逆になんだか楽しそうです。
自分は番号が遅く、学校帰りの中学生がたくさん通る歩道橋に並ばされたため
結構な羞恥プレイ的様相でした(^^;
※12月のために追記すれば、多分12月は
 待っている間相当寒いのではないかと思うので注意。

で。

10名ずつ呼ばれ、エレベーターに乗って入場。

番号早めの人でもまったり見たい人が多かったのか、
200番をすぎてる自分で中央3列目ぐらいに陣取りました。

…多分ここってもっとも圧縮されるところよの…。

わかっちゃいるけど、ステージ近いし。
気合いを入れて開演を待つのでした。

-------------------------

時間をすこしすぎて、いよいよ開始の雰囲気。

ステージ左手のちょっと高いところにあるサブステージの入場口から登場。

最初は…謙介&宮っTea。

宮っTeaは…トランプマン…のモノクロバージョン?

トランプマンのスーパーマジックマル秘テクニック

※画像はイメージです


で、謙介君は…はい。全力で鉄雄!

AKIRA DVD SPECIAL EDITION

※画像はイメージです


似てるなあ…。

そのまま2人でリズムだけを刻み始める。

そしてストーを除く他のメンツが登場。

アイゴンはリアルハイジ!
(アイゴン勇退のページの通り)

コテさんは血だらけのオサーン!
(ホラー映画かなんかの元ネタがあるのかな?)
UKは白塗りにロングジャケットにスカルシャツ、ダメージジーンズ。

そしてフィリポは…カッパ!????

カッパのQちゃんスーツセット(蝶ネクタイ付)

※画像はイメージです


手にきゅうり持ってはる…(笑)

そんなこんなで、全員でイントロを演奏しながら最後にやってきたのが

…ドクロマン!どくろマスクに骨柄上下!
 それになぜか全身LED電飾!

そんなこんなで、真面目なホラーも、なんだか分からない格好も、
この東京キネマ倶楽部の趣のあるレトロな舞台と妙にマッチして不思議な一体感。

この会場、面白い。
着替えや待機に難点はあったけど、雰囲気は面白いなあ。

そんなこんなで、
ドクロマンが待機して、イントロに続いて演奏スタート。

------------
01 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
02 キングスバリー・マンクス
-------------

おどろおどろしいカンジで演出されるのかな〜とおもってたけれど、
怖さはなく、「すこしふしぎ」楽団的な雰囲気で2曲を続けて。

ス「髭です!
  十三日の金曜日ですね!
  嬉しいです!なんせ週末ですから!」

あ、毎度のゾンビっぽい小芝居がない(笑)

今回のJASONは、ホラーというか、
ホラーな雰囲気はいつもより抑え目で、
メンバーもオーディエンスも
「久しぶりの「JASON」ライブ!」という気持ちに
満ちてたなあという気がしました。

--------------------------

03 ドーナツに死す
04 僕らのさいご
05 それではみなさん良い旅を!

-------------------------

セットリストは新旧入り乱れ。
このJASONセトリ感が好きですねぇ。
「僕らのさいご」とかね。もう。

ス「というわけで、メンバー紹介!
  鉄雄!佐藤謙介!
  トランプマン!宮川トモユキ!
  真面目なカッパ!フィリポ!
  派手にクラッシュしたサラリーマン!コテイスイ!
  ただのリアルハイジ!アイゴン!
  宝塚!斎藤祐樹!
  そして、ホネホネロック!須藤寿!」

ス「俺ら、最高にイカしてるでしょ?
  イカしてる俺はー?」

----------------------------

06 イカしてる俺はxxx
07 ボーナス・トラック

-----------------------------

毎度曲の入り方がうまいよなあ。髭ちゃんは。
そしてこの辺から圧縮が凄くなってくるのでした。
やっぱりヤバイこの位置(^^;

で、曲が終わると気がつくと消えてるストー・アイゴン・謙介。

あれ?

そしてカッパが何やら前面に出てまいりました…!

手に持ってるボタン的なものを押すと
「ホワイトノイズ」ってサンプリングの声が!

その声にあわせてその他のメンバーが演奏をスタート。

あとで知った、このフォーメーションの名前。

「髭 チームA」。

<チームA フィリポ・UK・Tea・コテ>----
08 ホワイトノイズ
-----------------------------------------

フィ「どうもどうも!
   このコーナーでは四人で…いや、三人と一匹で
   ちょっと演奏してみようと思いまして!」

フィ「あ…!ゴメン、ちょっと水飲んでいい?」

ペッドボトルの水を頭の皿にかけるフィリポ。
これがまたかわいいかわいい。
こんなイキイキしたフィリポ久々に見たなあ。

フィ「いやあ、皿が乾いちゃって!(笑)」

UK「ちょっと趣向変えてまあ、一曲ぐらいやってみようかって
  やってみたんだけど、実はカッパがもう一曲やりたいっていってね。
  非常に自主的な申し出があったんで。是非もう一曲。」

フィ「オレ全然まだ歌えるからね!
   ちなみにオニオンソングじゃないよ!(笑)」

フィ「いやあ!ホントに楽しいね!
   ハッピーだよね!」

フィ「あーゆーはっぴー?」

------------------------------------------

09 Are you ハッピー??

------------------------------------------

UK「遊びはここまでだッ!(`・ω・´)ノ
  じゃあ元の7人に戻るとしよう!」

元のメンバーを呼び込むUK。
どこからか、サングラスをかけていて、
外タレ的な雰囲気満載でイケメンオーラがすぎる。

UK「クレイジーギター!アイゴン!
  アジアンビューティー!謙介!
  そして一人エレクトリカルパレード!須藤寿!」

ス「どーもー!一人エレクトリカルパレードです!」

しかしLED電飾つけながら歌うのはさすがに大変のようで
後半は外してただのドクロマンに。

ス「フィリポで楽しかった?ホント?
  なんかすっごいだみ声が聴こえてきたんだけど(^^;」

フィ「お客さんみんなに聞いて楽しかったっていってたから大丈夫だよ!」

ス「それじゃあ、次は7人に戻って、明後日の朝の話。
  サンデー・モーニング。」

-----------------------------------------

10 サンデー・モーニング
11 GOO
12 ママ's理論
--------

ママ's理論では拡声器を持ったコテさんが
サブステージの上に上がったりで暴れる暴れる。
今回の会場の面白さみたいなものが存分に楽しめました。

--------

13 D.I.Y.H.i.G.E.

----------------------------------------

大盛り上がりの中、終了とともにはけるチームAの面々。

ス「よしそれじゃあ、こんどはこの3人で演奏してみようかな。」


<チームB 須藤・謙介・アイゴン>--------
14 D.I.Y.H.i.G.E.+髭は赤、ベートーヴェンは黒(ラップ風アレンジ)
----------

このありえない感じのアレンジがとても面白かったんですよね。
1フレーズずつ、混ぜて歌っているのに自然。

ス「どう?このアレンジ!
  実はそんな難しくもないんだけどね!(ドヤ)」

ス「そんなわけで、フィリポ率いるチームAが
  急遽2曲やることになったので、僕らも負けずに
  もう一曲きいてもらっていいですか。」

ス「ここにいる皆と、…アイゴンに捧げます。」

-------------------

15 魔法の部屋

----------------------

これを3人でやるとは…!ずるい!
しかもアイゴンさんに捧ぐなんて言われた日には…!

ス「いいね!この3人も!全国ツアーしちゃおうか(笑)」

ス「では、ここで
  僕がむかしからずっと一緒にいる、
  おっちょこちょいの皆を呼ぶね。」

ス「コテイスイ!ホントすごいおっちょこちょい!
  宮川トモユキ!この人ははからずも幼馴染!そしておっちょこちょい!
  斉藤祐樹!宝塚!」

ス「そしてカッパ…!フィリポ!」

フィ「え?ヴォーカル交換するって?」

ス「しないしない(笑)」

ス「じゃあ、次の曲、どうしようか。
  今日は金曜日で、三連休になるんだけど、
  僕はミュージシャンだから曜日とか関係なく家にいることが多いから…
  ロンリーボーイの話をしよう。」

------------------------------------------

16 ロンリーボーイの話
17 Acoustic
------------

Acousticではストーサブステージに上がり
DJ卓に向いながら縦横無尽。
Acoustic、地味になんだかとても久しぶりに聞いた気がして
妙に心にしみてしまったのでした。

------------

18 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
19 テキーラ!テキーラ!
20 ダーティな世界 (Put your head)

----

ス「ありがとう!また戻ってくるよ!
  12月13日の金曜日にね!」

アガりすぎる終盤ナンバーの余韻をフロア全体に漂わせつつ
はけていくメンバー。

JASONにハズれ無し(`・ω・´)

しかし、モッシュというか圧縮が凄くてもう体中汗だく。
手は汗でふやけてしまっている。

ということで、周囲ぎっちり人に挟まれながら
アンコール待ちの間しばしブレイク。

-----

そして、ほどなくアンコール。

最初に出てきたのはカッパ。とても嬉しそうなカッパ。

フィ「かーっぱかっぱかっぱのマークのかっぱ寿司♪」

かっぱ寿司のテーマソング歌ってらっしゃるー!!!

フィ「はい!かーっぱかっぱかっぱのマークのかっぱ寿司♪」

かっぱソングのコール&レスポンスを求めていらっしゃるー!!

客席 \かーっぱかっぱかっぱのマークのかっぱ寿司♪/

そんな13日の金曜日。

フィ「ありがとー!」

ス「今日はありがとう! そしてアイゴーン!」

ア「今日は色々と一斉にニュースが発表になってスイマセンでした(^^;
  本当にありがとうございました。」

ア「それにしても、みなさん見ました?あの作文。」

http://www.higerock.com/yutai.htm

ア「あれ、実はちょっと前に書いてくれたヤツなんですよ。
  で、その日俺スタジオに練習行くのがちょっと遅れちゃって。」

ア「で、行くなりフィリポに『アイゴンさん、あれ?読みました?作文』
  って何回もいわれて(笑)凄くしつこかったけど嬉しかった(笑)」

ス「俺も、『須藤君読んだ?』って何回も聞かれてさ(笑)
  あれ、アイゴンさんに宛てたやつだし俺後でイイよって言っても
  『ねえ。須藤君読んだ?』って何度も(笑)」

ア「まあ、あの作文で一つ確実に言えることは、俺が髭を辞める理由は
  フィリポとの不仲ではないってことです!(笑)」

ア「まあ、12月もあるしね。今後もよろしくお願いします!」

UK「でも、逆にこうなったからにはアイゴンさんには
  俺ん家に来る頻度ふやしてほしいって思うよね。(真顔)」

ア「(笑)でも、あんまり一緒にいると移ってくるんだよねえ、口癖とか。
  『よっこいしょういち』とか、最初は『ショウイチって何すか!??』とか
  言ってたのに今や普通に使うし(笑)」

UK「更に今その伝統芸能は謙介に引き継がれています。」

ア「ホント、この場をかりてありがとうございました。」

ス「次のJASONはさ、サブタイトルは『アイゴンは泣くか!?』
  ・・あ、『パリは燃えているか』にかけて『アイゴンは泣いているか』
  にしようかな!」

ア「じゃあ、そんときまでに整形して目からジョワーって涙出るようにしとくわ。」

ス「わ!どうしよ!アイゴンさん整形してビッカビカになってたら!」

ア「ていうか、そういう方向っていうか
  寧ろ足をキャタピラみたいにしちゃうかな。」

ス「え?アイゴンさんJASONのためにそこまでしちゃってイイの?
  みたいな(笑)」

ア「ダイジョウブダヨ とかね〜(笑)」

アイゴンデス

ス「よし!じゃあ最後にぶちアガっとく?
  じゃあここはアイゴンから
  …厳密に言うと謙介から!」

----------------------------
EN1-1 黒にそめろ
EN1-2 ロックンロールと五人の囚人
---------------------------

最後、全員で集合写真を撮影して終了。
後ろを気にかけてくれたフィリポのやさしさにほっこり。

ホント、この人たちとこの人たちのライブ、大好きです。
アイゴン勇退まで、気合い入れて盛り上げていきたいですね(`・ω・´)
もちろん、そのあともずっと大好きですけれども!

12月も絶対参加したいです!

----------------------------
2013.9.13 CLUB JASON @東京キネマ倶楽部

【セットリスト】
01 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
02 キングスバリー・マンクス
03 ドーナツに死す
04 僕らのさいご
05 それではみなさん良い旅を!
06 イカしてる俺はxxx
07 ボーナス・トラック

<チームA フィリポ・UK・Tea・コテ>----
08 ホワイトノイズ
09 Are you ハッピー??
-----------------------------------------

10 サンデー・モーニング
11 GOO
12 ママ's理論
13 D.I.Y.H.i.G.E.

<チームB 須藤・謙介・アイゴン>--------
14 D.I.Y.H.i.G.E.+髭は赤、ベートーヴェンは黒(ラップ風アレンジ)
15 魔法の部屋
------------------------------------------

16 ロンリーボーイの話
17 Acoustic
18 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
19 テキーラ!テキーラ!
20 ダーティな世界 (Put your head)

----

EN1-1 黒にそめろ
EN1-2 ロックンロールと五人の囚人


posted by 日高見 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 髭(HiGE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。