2013年09月08日

手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 IN 日本武道館(27-28)メモ。

さて、9月です。
ということで、8月終わりの怒涛のユニコーン3発、参戦して参りました。



すっかり遅くなってしまいましたが、
ぼちぼちとメモを投下しようと思います。ただ既に写真付き完璧レポが
がっつり上がってますので、全体の流れなどのレポートは是非こちらをご参照ください。

exciteミュージック
最初から最後まで“フィーチャリング・手島”なお祭りライヴ(27日の方)
http://www.excite.co.jp/music/report/1309_unicorn/

EMTG MUSIC
ユニコーン、手島いさむ50歳を祝う日本武道館に史上最も暑い衣装で登場!(27日の方)
http://music.emtg.jp/liveReport/20130802570852c44

RO69ライブレポート
手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 @ 日本武道館(28日の方)
http://ro69.jp/live/detail/87974

ナタリーライブレポート
ユニコーン手島いさむ、半世紀祝って武道館でカツカレー(28日の方)
http://natalie.mu/music/news/98471

(テッシーのセトリ詳細)
TESSY.TV
手島いさむ 50祭「ワシモ半世紀」セットリスト
http://tessy.tv/unicorn/598/

これでもう私が書く必要性が全然ないのですが(^^;
補足的な思い出しメモ、ということでお付き合いくださいませ。
ちなみに27日はアリーナ後方、28日は2階席後方T列(天井)で見ています。
そして相当2日分の記憶が混ざっています(^^;;

流れは同じなので2日分まとめて書こうかと思います。
というか、明らかに27か28か覚えてるところは分けて書いてるんですが
自分の中で適度に混ざっているところは
特にどちらか明記しないのでご了承ください(^^;;
さらにいつも通りの脳内再構築内容なので、mcの位置とか違ったらスイマセン。

気になる方のみ続きをどうぞ。

---------------------
3D
トップバッターは電大!

最初に登場したテッシーのギターソロにあわせて、メンバーが入場!

3Dシャツを着て、武道館とはいえいつも通りのツアーの体で登場。
舞台は大きいがセッティングはこじんまり。
EBIさんの新髪は今回はじめて見たけど、似合ってますね。

しかし、唯一ついつもと違っていることは

「sksk進行必須のため、おしゃべりが封印されている」

ということで(^^; というかテッシーが進行に関して
かなり緊張してたんではなかろうかというカンジがしました。

--------------------
01 ハレルヤ
02 愛の陽炎
----

電大の曲が一般のユニコーンファンにどれぐらい浸透しているのか
ワンマンばっかに行ってると分かりにくいんですが(^^;
感覚的に6〜7割方ってカンジでしょうか。
とりあえずいつも通りのノリ方で浮かなかったので良かった(笑)

MCの時間になるも、いつものように喋り始めない電大の面々。

EBI「…テッシー、開会宣言とかってないの?」

てし「えっ!あっ!テッシー50祭、始まってます!」

てし「スイマセン。今日は盛りだくさんなんでサクサクいかなきゃなんで(苦笑)。」

ちょっと焦り気味のてし。
このあたりの流れは大体二日とも同じだったように思います。

てし「今日は今までの自分の歩みを振り返りつつ、
   過去だけじゃなく今の自分の活動で見てもらいたいことも
   つめこんで、やっていこうと思いますんで!」

てし「ということで、最初は過去の自分と言うことで…
   昔、ユニコーンを結成する前に広島で川西さんとストリッパーって
   バンドをやっていたんですよね。EBI君に関してはお客さんとして
   見に来ていたという、そんな伝説のバンドです。
   今も現役で続いているバンドなんですよ。
   今日はそのストリッパーから河名さんをゲストに呼んでいます!」

川西「現役ストリッパーの河名君です〜!」

河名直行さん登場。

河名「どうも、河名です。脱いだらすごいんです(笑)」

てし「河名さんは川西さんと同じ歳なので、先輩にあたります。
   だから53…4?若いなあ!」

河名「まあ、この歳になるとあんまり先輩とか関係ないけどな(笑)
   今日はEBI君とも演れるということで、楽しみに広島から来ました!」

てし「というわけで聴いてください!」

----
03 Rock'n Roll RADIO(w/河名直行)27日
03 3番街のBack Street (w/河名直行) 28日
----

この曲は日替わり。
ストリッパーのブログによると、Rock'n Roll RADIOは
川西さん作詞で作られた最初期の曲とのこと。

------------
【参考資料;The STRIPPER official web siteより】
◆「忘れていました。」(※演奏曲について)
http://stripper.blog.eonet.jp/blog/2013/08/post-b941.html
------------

ちなみにブログには参加の経緯なんかも併せて書かれていたのでこちらも。

------------
【参考資料;The STRIPPER official web siteより】
◆「後、1週間ですネ!」(※昔の写真など)
http://stripper.blog.eonet.jp/blog/2013/08/post-bb63.html
◆「武道館終了しました!」(※参加の経緯について)
http://stripper.blog.eonet.jp/blog/2013/08/post-4f7a.html
-------------

2曲どちらも良かったですが、
特にRock'n Roll RADIO、イイっすねえ。骨太なカンジで。
歌詞が全部聞き取れなかったけど、川西さんの作詞力は
ユニコーン前から炸裂していたのですね。

そしてこれがユニコーン結成前の音楽なんだなって思うと、
やっぱりユニコーンってほんとに様々なジャンルで活動してた
人たちが集まってできたものだったんだな、ってしみじみします。

そして、1曲でストリッパーコラボは終了してそのまま電大へ。

------------
04 Body Guard
05 オートクチュール
------------

最後の2曲の流れはいつもの電大!というカンジ。
Body Guardのタオル投げですが、27にいたアリーナでは結構揃ってみんな投げてて、
28にいた天井席では最初はほとんど投げてなくて(単に知らなかったんだと思います)
曲が進むにつれ徐々に投げる人が増えていった、って感じでした。

やっぱり楽しくていいなあ電大。
今日はしょうがないけど、やはりおしゃべりがあったらいいなあってのと
やっぱりもうちょっと小さいハコがいいなという思いを持ちつつ。
またツアーやって欲しいものです。

というわけで、skskで40分弱程度で電大は終了。
物凄い人数が一気に舞台に上がって一気に撤収。そして次のセッティング。
これがドリフばりの物凄いスピードでした。(全員集合の転換曲かけたいぐらい)

その間に流れたのが「手島in手島」。

香川県丸亀市に属する「手島」でテッシーがぶらり旅、のという動画。
このあと、転換のたび「その3」までありました。


大きな地図で見る

「その1」は手島に到着してぶらつきはじめる話。
「ダーツの旅」的な雰囲気ですが、毎回最後にギターを弾いて歌って終わるという展開。
転換の間にトイレに行こうとしていた人が
一斉に「どうしよう…」となった空気が面白かったです(笑)

--------------------------------

というわけで、次はいよいよ阿部民バンド!

…って。

入場BGMがアンパンマンのマーチ…!

しかも「アンパンマン♪」の所にかぶせてなにやらボコーダーの声が…

いや。

これはアンパンマンって歌ってるんじゃない…。

「タン タン タンパンマン♪」

と歌いながら短パンのオッサンたち登場ーーーーーーーッ

(σ´□`)σ・・・・…━━━━☆ アホスギルー

てなわけで、位置についてスタート。OTはドラム。

-------------------
01 御免ライダー
-------------------

B00006IIFVE
奥田民生
ソニーレコード 2002-09-18

by G-Tools


最初はOTがドラムに座ってというか座ったまま
安定の御免ライダー!カコヨス!

そして一曲を終えていそいそと配置転換。
今度は阿部さんが前に出てくる。

-------------------
02 SUN SET SUN
------------------

B00BLDDN5OR
阿部義晴
SMALLER RECORDINGS 2013-05-07

by G-Tools


さんせっさー
キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!

御免ライダー来た瞬間に「R」「G」の曲はやるだろうと
確信したけど、でも、本当に自然にやってくれて嬉しい!
背面モニターではMV(PV)が流れつつ。
お客さんも皆MVに合わせて手を上げたりしつつ。
阿部ライブの楽しさ!
もっと味わいたいなあ〜と思いつつ、終了。

--

民「えー、今日は折角前に三人そろっているってことで。
  スパde SKY!そしてジアース!」

桜「そして!Oしゃん!」

民「ということで、こないだまでやってたやつをお送りします(笑)」

-----------

03 呼びにきたよ

-------------

バーベアマン(初回生産限定盤)バーベアマン(初回生産限定盤)
地球三兄弟

by G-Tools


「阿部民」な雰囲気から一気に地球三兄弟に(笑)
急に見慣れた感じの雰囲気になるステージ。でも短パン(笑)
地球三兄弟もいろんな格好してたからまあ、そんなに違和感はないんですけれども(^^;

流れを見ると阿部民は民→阿部→メンバーの流れ×2だったんですね。
曲ごとにあっちこっちと楽器が変わるので、大変だなあと思いつつ、
楽しく見ることができました。ホントマルチなみなさんです。

--------------
04 愛する人よ
05 SO SO GOOD
--------------

で、民→阿部の流れ。
SO SO GOODは画面に道路をガンガン走っていく風景が流れつつ。
京浜東北線らしきがちらっと見えたし多分神奈川なんだろうな〜と思ったり。

GG
阿部義晴

曲名リスト
1. ONE AND THREE FOUR
2. 舵を取れ 舵を切れ
3. GROUND
4. SO SO GOOD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


G、もっと聴きこまないとな〜。

しかし、さんせっさーもそうなんですが、
初めてライブで聴くとは思えないしっくり具合というか、
まるで昔からやってる曲のように、なんかスーッとライブ音が
自分に入ってきて楽しいなあ、って思えました。

--------------
06 WAO!
--------------

そして四角いリズムボックスを使いつつ、
YO-KINGの味わいパーカッションによりスタートする不思議テイスト「WAO!」。
まさか阿部民でWAO!やると思わなかったので、ちょっとびっくりでした。

民「リズムボックス〜八熊慎一! 生のドラムは1人2曲まで(笑)」

阿「リズムボックスの贈呈式が行われております」

で、この曲内「カラフルだぜ♪」のところでちょっとした阿部ショー。

内容としては阿部民が真心の2人にからむというもの(笑)

阿「カラフル〜だぜ♪」

マイクをYO-KINGの方に向けて掛け合いを求める阿部。
以下その流れ。

Y「カラフル〜だぜ♪」

阿「ラッシュの〜子だぜ♪」

Y「ラッシュの〜子だぜ♪」

阿「うかつに目をやり…」

Y「うかつに目をやり…」

阿「チュパチュパ〜!!!!!」

Y「!!!!!?? …チュパチュパ〜…」

阿「(笑)よーしよしよし」

舞台反対側の桜井さんの方へ移動する阿部。

阿「まかぁれ〜てます♪」

桜「まかぁれ〜てます♪」

阿「さま〜よってま…
  さま〜よって…
  さま〜…
  って、『サマーヌード』って曲、ありましたねえ…」

桜「あ…ありましたねえ(笑)」

阿「なんか、今売れてるとか何とか…」

桜「おかげさまで(笑)」

阿「ここで サマーヌード…?」

桜「や、時間がないんで(笑)」

民「時間?大丈夫大丈夫。
  足りなくなったらユニコーンの分削ればいいから(笑)
  今儲かってるんでしょ(笑)」

桜「こっちも滅多に入ってくる金じゃねぇ〜♪」

てなわけで結局サマーヌードは歌わなかったんだけど(笑)
このネタは28日にも再度いじられてました。

ちなみにYO-KING氏のちゅぱちゅぱの流れは27と同様。しかし
27より若干ふっきれた感がありました(笑)
で、桜井さんへ。

阿「まかれ〜てます♪」

桜「まかれ〜てます♪」

阿「さま〜よってます♪」

桜「さま〜よってます♪」

阿「…え?
  サマー…
  サマー…なんとかってのが
  売れてるそうですねぇ。
  あれ?
  …おたく、なんか関係あるんですか?」

桜「えー…
  山Pにはホント感謝してますッ!」

阿「儲かってますなぁ(笑)
  よし、みんな買ってほしいものとか!」

民「あ、俺、今日おごってもらった!
  カルピスソーダ!120円も!」

阿「じゃあみんなでカルピスソーダおごってもらわんと!」

民「ていうか、コイツだけ短パン短いんですよ!ホラ!
  もう、見えちゃうよ!横P!」

みんなに横P横P言われる桜井さん。

阿「で、えーとなんだっけ(笑)」

阿「あ、息が続かねぇ〜」

民「せーのッ!」

民「…せーのッ!」

だなんだでもうGDGDなWAO!(笑)

そしてその後には日替わりで「大ヒットナンバー」を。

------------------

07 どかーん(27日)
07 おせわになりました(28日)

-----------------------

どちらも大盛り上がりでした!

おせわになりましたここで聴けると思わなかったから嬉しかったなあ。

--------------------------

てなわけで、タンパンマン終了。
「手島in手島2」を見ながら待つ次の流れ。
廃校を活用した教育センターや島の中をぷらぷら。

--------------------------

引き続き、手島いさむバンド。
てしソロでのインストからスタート。

B00ATO6056SQUEEZE
手島いさむ
2010

by G-Tools


------------------------------
01 birds
02 around again
------------------------------

その後、日替わりのゲストを呼び込み。

27日は大貫亜美+フジタユウスケ。

てし「今回はゲストも呼んで行こうってことで。
   ユニットを組んだりなにかといろいろ演奏させてもらっているフジタユウスケ君!」

フジタユウスケさん登場。

てし「彼は音楽家としてとても尊敬してまして、自分の曲を作るだけじゃなくて
   Puffyに楽曲提供なんかもやっていて、この曲は聴いた時にわっ!いいなって
   思った曲なんですよね。ということで、今日はPuffyの大貫亜美ちゃんも
   ゲストとして登場してもらいまーす!」

亜美さん登場。

てし「今日はギタリストとして登場なんで、歌は歌わないんだよね(笑)
   というわけで行ってみよう!」

------------------------------
03 欲望(w/大貫亜美、フジタユウスケ)
------------------------------

後ろのビジョンに大きく歌詞がフィーチャーされた形での「欲望」。
ちなみにヴォーカルはフジタユウスケさんです。
ガンガン迫ってくるカンジの楽曲で楽しかったなあ。

---------------------------------
03 さくら (w/ THE ポッシボー)
---------------------------------

28日の同曲順では、テッシーが楽曲をプロデュースした
THE ポッシボーが「さくら」を披露。
中立的に見てもアウェイ感は否めず(^^; その中で頑張ってました。
アイドルだけあって、目当ての人がサイリウムみたいなのをもってるのが
2階席からちらほら見えたんですが、最終的にほとんど見えなくなったので
あれは注意されたのかしら(^^;

しかし、ここ一曲のゲストが違うだけで
2日それぞれのてしソロの雰囲気はずいぶん違いました。

------------------------------
04 Circles
05 あの丘へ
-------------------------------

そして最後はてしソロで大団円。
ちなみにコーラスは若手のギタリスト3名。
ゲストも含め、てしファミリーという雰囲気のてしバンドでした。

てし「ということで!次はお待ちかね!ユニコーンです!」

2日ともそういってはけていったてし。

-----------------------------

ということで、いよいよ最後はユニコーン!
今年初!5人のオサーンの姿を目に焼き付けるべく、
ドキドキしながら見る「手島in手島3」。
最後は島のご親切な方に案内してもらって、山を越えて砂浜が綺麗と言う海岸へ。
最後の方はほぼ疲れた疲れたばっかりいってました(笑)

------------------------------

今回はどんな衣装で登場かしらドキドキ…

と思ったら、いきなり流れ始める「ワルキューレの騎行」

そしてモニターには近衛兵姿のメンバーの写真(ハリボテ風)が
次々と映し出されて最後に…
ナポレオン姿のテッシーの写真!!!

1000ピース ナポレオンのアルプス越え 100-156
※画像はイメージです

5243 プレイモービル playmobil fi?ures (series3) ボーイズ 10.ロイヤルガード【並行輸入】
※画像はイメージです

ちなみに衛兵さんはマイクを銃よろしく手に持っていました。

フリからのてしオチって流れはZツアーのオープニングに似てますね(笑)
会場大爆笑。

そしてまずは衛兵が足を高く上げて入場、最後にエコポニーなる馬に乗った
皇帝テッシーが中央奥の特設ステージに登壇、フワッとマントを外してスタンバイオッケー!

B004YBKK7Oラングスジャパン(RANGS) ラングスエコポニー アミューズメント うま
ラングスジャパン 2011-05-11

by G-Tools

アマゾンで売ってた(笑)

アホだ・・・このオッサンたち全力でアホだ・・・!

うん、わかってたYO!(`・ω・´)

いつも想像の斜め上を行くオサーン達最高です。

B007XX08FYFeel So Moon(初回限定盤)(DVD付)
UNICORN
KRE 2012-06-21

by G-Tools


------------------------------
01 Feel So Moon
02 ケダモノの嵐
--------

そんなわけで、Feel So Moonからスタート!
久々!そしてホールで見るのはこれが最初なのかしら。(去年はイベントばっかりだったし)
会場一体でのサビとかもう、最高ですね。
そしてそこからのケダモノ。ペースは再始動後ベースのゆっくりバージョンです。
KK50の時にもやりましたが、再始動後のケダモノもまた、格好いいんですよねえ。
てし曲で攻めてくるのかとおもったので、結構意外な冒頭二曲でした。

で、MC。

27日、
とりあえずMCタイムになるも、誰もしゃべらない。

民「…ちょっと。なんかしゃべってくださいよ。」

てし「え?オレ?」

民「俺たちはしゃべっちゃいけないんだから。近衛兵なんですよ。」

てし「あっ。そうか。どーもユニコーンです!よろしくお願いします!」

--------
03 裸の太陽
04 オッサンマーチ
-------

で、てし曲タイム。
裸の太陽は確かギターソロ部分がてし曲なんですよね。
オッサンはてしネタというよりは今は再始動後のスタンダードナンバーと
なってるあたり、さすがの存在感です。

-------
05 WAO!
06 服部
------

基本衛兵さん達がポジションチェンジしたり、
民兵さんがハンドマイクで舞台を動き回る時には
足を直角に上げて移動しなければならないという設定(笑)

で、服部の間奏だったかな?途中特効でばこーん!って破裂音がなるわけですが、
初日はそのタイミングのせいなのか、音の大きさのせいなのか、
民生さんが物凄いビビってたんですよね。
で、28日にはアンプのあたりまでめちゃめちゃ下がって耐えてたのが可愛かった(笑)

そしてなぜかエコポニーにまたがり一人でひきがたるオールウェイズ。
なんともかんともなシュールな図(^^;;;;

ひきがたるてしと直立不動のメンバーを抜く形で
モニターに映像が映し出されるのですが、他のメンバーは大体
設定に忠実に直立不動なのにEBIさんだけ明らかにじっとしてられてない(^^;;;;;;

EBIさーん!(笑)

------
07 オールウェイズ
-------

たぶん27日

てし「そうそう。今日のライブチケットにはCDがね、皆さんについてるんです。」

民「AKB的なアレですよね。(笑)」

てし「聴いてきました?」

民「みんなコンサートに来たくてチケット買ってるから聴いてないでしょ。(笑)」

てし「そうか、そうか。
   よし。じゃあ聴かせてやろう!!!!!」→曲へ

-------------

28日

民「どう?2日も誕生日やって(笑)なんか昨日、泣いたらしいとか何とか。」

てし「昨日は、5回ぐらい泣きそうになりまして…
   で、泣きそうになると、ある人の顔を浮かべて…中日の…」

ここでなんか叫んだ男の人がいて、民生さんがそれ切って先に進めてしまったんですよね。
でも、EMTG MUSICの動画でこれが落合監督であったことが分かりました。
何故。

てし「この馬。エコポニーっつうんですよ。」

民「さすがに生の動物は入れられなかった(笑)」

てし「責任とって持ってって帰れよと言われてるんですけど(笑)」

民「でも、床つるっつるのところじゃないと走れなさそうだね(笑)」

で、いろいろあって、曲へ。

-------
08 新・甘えん坊将軍〜21st Century Schizoid Man
------

ここで、キタ―!しかもこっちの方先に(笑)

しかし、意外にもライブ映えする曲であった甘えん坊将軍。
基本的に客は盛り上がりつつも入って行けないですけど(笑)

後ろのモニターも映像も完全に歌詞とリンクする形で見どころがあります(笑)

ステージセットのてしスカルの目が光ったのってこの辺りの曲からでしたっけ(^^;
ビームが発せられて、曲に合わせて上下したりしていました。
そのあたりは写真入りレポを見ていただけるとイメージできるかなと。

-------
09 オレンジジュース
-------

そしてそこから間髪いれずにオレジューという振れ幅大きすぎの展開(^^;
なんでなんでコレ???と思ってましたけど、
個人的に甘えん坊将軍の「お茶」に対するアンサーソングだと思ってます(違

------------------------

10 スターな男(27日)
10 ヒゲとボイン (28日)

-----------------------

そして10曲目は日替わりでガンガン上がるナンバーを!!!
スターな男では会場全体が上を下へをひっくり返る大もりあがり、
ヒゲとボインでは照明を使って武道館全体を満点の星空に変える粋な演出も。

今のユニコーンの全力の盛り上げ演出、最高でした。
そしてそのまま、本編のシメへ。

------------------------
11 すばらしい日々
------------------------

すばらしい日々がこうして今聴けていることの、何てすばらしさ。
それを改めて実感する、武道館での「すばらしい日々」でした。

-------------------------

時間がおしてることもあり、ほどなくアンコールへ。

-------------------------

てしだけが出て来てメンバーの呼び込みをしようとする…

てし「それじゃあメンバーを一人ずつ呼びたいと思います〜!」


そこに…
突然のハッピーバースデーBGM。
会場みんなで「ハッピバースデーテッシー♪」と大合唱。

それとともに出てきたのは…!

てしイラスト入りケーキ!
とメンバー!

感無量的なてし。

メンバーはそれぞれ手にクラッカーを持っていて、
おもむろにてしのほうにむける…

てし「え、それ大丈夫なの?(笑)」

民「よいこはマネしないでください!」

というわけで、せーの!

パーン!

「おめでとーーーーー!」

と同時に客席にも銀テープ(別名「分身」)!!!!



文字入りの特製テープでした!

会場全体で全力でお祝い。

またもや感無量なてし。

民「…何もやんないの?」

てし「え?」

民「ここにケーキがあるのに」

てし「え?顔つっこんだり…しないよー(笑)勿体ない!」

------------------

で、ケーキの流れなのが27日。
同じ流れで28日ではデカイカツカレーが出てきました。

民「ほら。食べて食べて。」

てし「えっ!だってこれ相当デカイよ?」

民「そうそう、お客さんから見るとあんまりデカく見えないと思うんだけど
  これ相当デカイです(笑)」

客席から見るとカツの一切れに見えるのが通常のカツ1個分という大きさ。

民「ほら、食べて食べて!」

カツを食べようとするてし。その一切れ=カツ一個。

民「カレーもカレーも!」

頑張ってカレー+カツを口に詰め込むてし。

客席から拍手。

---------------------

で27日に戻って。

てし「しかし、今日の衣装はホントキツイね(^^; 体力的に厳しい…」

阿「明日もあるんだよ…これ何とかなんないかな〜…」

そうそう、この日は皆ガッチリ衣装崩さなかったんです。
あの川西っつあんが帽子すらとらなかった!(暑そうだったけど)

民「タンパンマンに何とかしてもらわんと…」

阿「これに短パンとかね(笑)」

民「というわけで!50歳になったテッシーをお祝いして!
  会場の皆さんも是非!『イサムハンサム』をご唱和ください!よろしくお願いします!」

翌日も暑そうだったのは変わらないんだけど、川西っつあんがかなり早い段階で
帽子をはずしていたので、帽子はokぐらいになったのかな(笑)

--

28日はこの衣装の事なんかも話されてました。

民「ところで、今回はなんでこんな衣装になったんだっけ。暑いわ!」

てし「今回の曲が『甘えん坊将軍』だったからさ、新・甘えん坊将軍っていってら俺で
   「元祖甘えん坊将軍」っていったら阿部さんなんですよ。
   で、将軍って言えば馬だなと。」

民「馬ァ!?そっち!?」

てし「で、馬といえばナポレオンじゃないですか。」

民「そうなん!?」

てし「ナポレオンっていえばこう、兵隊だなって。バッキンガム宮殿みたいな」

民「なんか国違くね?(笑)」

てし「一人だけ、ロシアっぽい人いますけど(笑)」

あわてて衣装を直す川西っつあん(笑)

てし「ホント、音楽やってて本当によかったです!
   ありがとうございました!」

-------------------

EN1-01 ゴジュから男
En1-02 HELLO

-------------------

会場全体での「イサムハンサム」コール、そして万感の想いでのHELLO。

第一期ユニコーンが解散するときも、した後も、
いつかまたきっとユニコーンが集まるという事ずっと信じていたテッシー。
彼にとって最高の50歳の迎え方だったんじゃないかな、と思いこっちも万感。

文字通り、この二日間で世界で一番大盛り上がりの誕生会。
テッシー50祭、最高に幸せな空間でした。

---------------------------
手島いさむ50祭 ワシモ半世紀 @ 日本武道館 2013/08/27-28

<セットリスト>

【電大 /ゲスト 河名直行(The STRIPPER)】
01 ハレルヤ
02 愛の陽炎
03 Rock'n Roll RADIO(w/河名直行)27日
03 3番街のBack Street (w/河名直行) 28日
04 Body Guard
05 オートクチュール

【阿部民バンド】
(阿部義晴/奥田民生/八熊慎一(SPARKS GO GO)/ YO-KING(真心ブラザーズ)/桜井秀俊(真心ブラザーズ)/木内健)
01 御免ライダー
02 SUN SET SUN
03 呼びにきたよ
04 愛する人よ
05 SO SO GOOD
06 WAO!
07 どか〜ん(27日)
07 おせわになりました(28日)

【手島いさむバンド /ゲスト 27日大貫亜美、フジタユウスケ 28日THE ポッシボー】
01 birds
02 around again
03 欲望(w/大貫亜美、フジタユウスケ)
03 さくら (w/ THE ポッシボー)
04 Circles
05 あの丘へ

【ユニコーン】
01 Feel So Moon
02 ケダモノの嵐
03 裸の太陽
04 オッサンマーチ
05 WAO!
06 服部
07 オールウェイズ
08 新・甘えん坊将軍〜21st Century Schizoid Man
09 オレンジジュース
10 スターな男(27日)
10 ヒゲとボイン (28日)
11 すばらしい日々
EN1-01 ゴジュから男
EN1-02 HELLO
posted by 日高見 at 00:08| Comment(5) | TrackBack(0) | UNICORN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
亀コメントで申し訳ない!
初日、バッタリと本来は武道選手用の控えフロア?で
お会いしましたな〜。お元気そうでなにより☆
なんか日高見さんの立ち姿がスタッフみたいに
武道館に溶け込んでましたですw
やっぱユニコーンっていいなぁ〜、武道館っていいなぁ〜
って再確認した2Daysでした。
Posted by XPaPaX at 2013年09月28日 21:58
>パパさん
こちらこそ、お久しぶりでした!
そうか、あそこ控えフロアなのか!
イベントだと何故かスタッフに間違われやすいんですが;^_^A
またお会いしたらぜひよろしくお願いいたします!
Posted by 日高見 at 2013年10月04日 22:37
今更ながら読みました

よみがえるー

ブルーレイ到着が楽しみ。

Posted by 山梨のS at 2013年12月06日 00:10
→山梨のSさん

いえいえ。コメントありがとうございます。
いよいよ発売ですね!たのしみです!
Posted by 日高見 at 2013年12月15日 21:58
こちらを読み返しながら
50祭を再生してます。

生音が恋しいです!
Posted by 山梨のS at 2014年02月10日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374206921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。