2013年07月04日

高橋葉介特集ムックが充実過ぎる話

ちょっと発売から間があいてしまいましたが、こちら。

4309978029高橋葉介 怪奇幻想マンガの第一人者 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)
河出書房新社 2013-06-25

by G-Tools


「夢幻紳士」シリーズなどで長年多くのファンを持つ漫画家、
高橋葉介先生の特集ムックが発売されておりました(`・ω・´)
ようやく内容をじっくり読めたので、以下、つらつら感想。
気になる方は続きをどうぞ。


このあたりのマンガ作品は学生時代に70年代マンガにハマってた頃に
読んでいるのが多いのですが、葉介先生を初めて知ったのは、それとは全然関係なく
光栄の「爆笑日本神話」だったというちょっと変わりダネです。

4877190953爆笑日本神話 (歴史人物笑史)
シブサワ コウ
光栄 1994-03

by G-Tools

ちなみに爆笑三国志シリーズは全巻持ってて(笑)
唐沢なをき先生は爆三で知りました(^^; コアだったよねえ。光栄。

で。
その後短編とか読んで、
あとは夢幻関連を読んでハマったというクチ。ある意味リアルタイム。

で、この本のことは制作を担当された方のtwitterでちょっと前から
知っていたのですが、この時期に出ると知ったのはつい最近で、あらかじめ
旧作を読んで待機するとかはできなかったんですが(^^;
発売日に速攻購入して参りました。

いやあ、ホント充実の内容。

かきおろしマンガや未収録作の収録ももちろん嬉しいのですが、
25000字インタビューがデビュー前後のこと、独特の画材のこと、
影響を受けた作家さんのこと…とにかく盛りだくさんで圧巻でした。
個人的に特集本としては「ぱふ」の葉介先生特集を持ってますが、
やはりこちらは歳を重ねた重みと、しかし新しい発見が次から次へ出てくる
新鮮さもあって。とにかく充実。これは凄いや。

諸星大二郎先生や伊藤潤二先生とのクリエイター同士のトークも興味深く、
諸星大二郎、吾妻ひでお、魔夜峰央、山田章博、藤田和日郎、田島昭宇、平野耕太
という、もう名前を聞いただけで鼻血が出そうなメンツによるアツい特別寄稿も
最高でした。特に藤田和日郎先生の愛が有り余ってる感じが凄かったです(笑)

このシリーズの吾妻ひでお先生のムックもそうでしたが、
とにかく、愛にあふれた本なので、葉介先生ファンなら迷わず買ってほしい1冊。
資料系も充実しているので、最近気になっているぐらいの方にも、
なにかしらの作品と一緒に是非。
今月後半にサイン会あるらしいけどいけないのが本当に悔しいです…ギリギリ。

これを手掛かりに、また作品読みなおしてみたいと思います。

----------------
ちなみに、「夢幻」シリーズ以外で個人的におススメたいのはこのあたり。

何せ初期短編が好きです。
ちょうど好きなのが集まってるのがこのあたり。
402214081X我楽多街奇譚 (高橋葉介セレクション) (あさひコミックス)
高橋葉介
朝日新聞出版 2011-12-20

by G-Tools


最近のだと「怪盗ミルク」が好きかな。
4152092696怪盗ミルク
高橋 葉介
早川書房 2012-01-25

by G-Tools



posted by 日高見 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。