2013年05月12日

(バレ注意)映画「聖☆おにいさん」観てきました。

映画「聖☆おにいさん」を見てきました。
以下、感想。

聖☆おにいさん オリジナルサウンドトラック

原作があるものではありますが、一応ネタバレ含むなので
これからご覧になる方は映画を見てから閲覧を推奨です。

なお、視聴者としての基本スタンスは「原作は一度通読している読者」
という感じです。
比較的ライトめな視点での感想となりますので、ご了承ください。



--------------


【総論】
最初にパラメータ的に全体の感想を言うと

作画:○
声 :○
ストーリー:△

という感じです。

【作画】
原作のテイストをアニメ用に適度に昇華しているというか、
独特の手描き感が面白くてイイ感じです。
色の塗り方がハイライト多すぎね?って感じで白部分が相当目立ち、
原作の水彩タッチとは印象が結構違うのでそこは気になるといえばそうですが、
個人的に印象は悪くないです。
ただ、立川を描くということで気合い入れまくってる背景とキャラクターが
たまに絵柄的にマッチしてない部分もあるような気はしましたが。
個人的にブッダイエスと日本人のおばちゃんたちとの身長差っていうのを
今回この絵で初めて意識しまして、「あ、外人さんなんだ」と改めて思ったりしました(笑)

【声】
星野源+森山未來という組み合わせで話題になった声ですが、これが、よかった。
特に森山イエスは、イイ! 完全に本人です。しっくりきてました。
星野ブッダは最初はちょっとブッダのイメージよりも軽いかなあと思ったし、
なまじ源ちゃんのイメージが強いだけに、ブッダが喋ってるっていうより
源ちゃんが喋ってるなあ、と最初は思っていたんですが、最終的には
星野ブッダのツッコミがだいぶしっくりきて、というか寧ろハマってる自分がいました。
この配役良かったです。エンディングの「ギャグ」も雰囲気ピッタリで素敵でした。

【ストーリーほか】
で、肝心のストーリー。
原作既読の方のために概要を箇条書きで書くと

・原作のエピソードをつまんで「一年」という時系列でつなげた形
・全体を貫く大きな流れやストーリーは特になく、「立川」で一年を過ごしていく話。
・イエス、ブッダそれぞれのご実家のみなさんは出番なし。
・仏像は最初から部屋の中にあり、存在感はあるがエピソードは紹介されない
・省略された部分はカットとしてエンディングに結構詰め込まれている

です。

イエスとブッダのキャッキャウフフだけで進むのかなあと思ったら、
途中オリジナルストーリーとして、
ブッダの額のボタンを押したいイタズラ男子たち視点で
語られたストーリーが結構長めに入ります。これが結構ダレた(^^;;
個人的にはそれよりは部屋の仏像の話とか、細かいエピソードを入れ込んで
ほしかったなあと思います。脚本担当の方がパンフのインタビューで
「原作の中のエピソードを元にしながら視点の違う話」を入れ込みたかったと話
をしていたので、これがまさにそのツボだったのかもしれなかったのだけど、
ちょっと蛇足感はありました。

舞台が「立川」であることをものすごく強調していて、実在のものをふんだんに織り込んで
それをブッダイエスがいじったり、主張がかなり激しいので、そこに思い入れがある方だと
いいと思うんですが、そうでないと、やっぱりそこ強調するよりエピソードを…!
と思いがちなのはいたしかたないのかな。
この辺りは「ご当地もの」として楽しむ感じなんでしょうか。
原作も立川ですけど、雰囲気としての舞台というぐらいの重みで読んでたので
その「土地感」の扱いの違いはちょっと気になるかもしれません。

イエスブッダのご実家周りの皆さんが出てこないのは、宗教的な描き方がどうのこうの
とかではなく、単に尺が足りなかったのかなと思います。
天使の皆さんは小さくは出てきましたけど。
多分映画二作目を作ってもあの脇キャラ全員を出すのは難しいと思うので、
普通に連続アニメでやってくれたらよかったのにな、と思いました。

基本的に原作未読でも楽しいと思いますが、(そもそも原作も結構唐突に始まってますし)
細かい設定に関する部分とか活字でないとわかりにくい部分とか(「聖人男性」とか)
結構あるので、読んでから見に行った方は楽しいのだろうと思います。
何でイエスが時折血をだらだら流すのかとか、シルクスクリーンTシャツのこととか、
一応さらっとは説明はあるんですけど、多分未読の人はよくわからないと思うので。
予習推奨。でも、別に読まなくても何とかなります。

----

あと、細かいことがよくわからないのですが、
なんか映画の中に登場できます!みたいな企画があったんでしょうか?
やけに止め絵が長いモブキャラとか、ポスターの絵柄になってる人とか
あとは何らかの隠れキャラみたいなのがちょいちょいあって、直接的に本編には
関わらないのですが、妙に気になるのに何も説明がなくてモヤモヤしました。

「気になる」と言えば、ファミマとか、仮面ライダーとか、実在のものが
名称を変えずそのまま出てきた上に結構出てきた頻度が高いので、
コラボというか大人の事情というか、そういうものなんだと思うんですけど、
ちょっとそれも頻度高すぎて気になったかな(^^;
しかし、手塚プロの協力をちゃんと得て
直球で手塚治虫ブッダ出したのは良いコラボだったと思います。

----

ということで、結構色々モニョっとしたところはあったんですが、
今回見たのが公開最初の週末で、映画館もかなりにぎわっていた中で見たので、
要所要所で皆さん笑ってて(多分原作未見の方が多かったんじゃないかな)、
その一体感で見たので、全体としては楽しかったです。
2時間の中に分かりやすい起承転結がないので、
終わった瞬間「あ。あれ?終わり!??」みたいな
空気がスクリーン全体に漂ってたのがなんだか可笑しかったです(笑)

【オマケ】
公開後先着で配布される、
ブッダイエス降臨前夜のエピソードマンガが収録された特別冊子ですが、
コレはイイです。スタッフインタビューなんかも掲載されていて、
正直なところお金出して購入したパンフよりも特別冊子の方が内容充実してました(^^;
手に入れられるうちに身に行けそうな方は是非手に入れていただきたいです。



posted by 日高見 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&映像作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。