2012年10月12日

ジョジョアニメの1話を見たメモ。

いやー、はじまりましたねジョジョアニメ。

今日東京では2話が放送になるようですが、
先日ようやく仙台で放送された1話を見たので、
せっかくなので感想を書いておこうかなと。

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1 (全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]
ジョジョの奇妙な冒険 Vol.1  (全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]

以下、興味のある方のみ続きをどうぞ。


-----------------

○全体的な雰囲気
オープニングはまだ1話の段階ではきちんと放送されていないので、
それは抜きにして考えると、まずは原作の1・2部で全体的な雰囲気として
独特のおどろおどろしさみたいなのがあるように思いますが、その部分は
かなり意識して表現しているのだろうな、と思います。
擬音や背景の効果(ビーティー風矢印とか)など「漫画っぽさ」を
かなり全面に出しているので、あくまで原作のイメージや雰囲気を
重視した基本姿勢は好感が持てます。
ただ、CGのアニメ独特の「質感のなさ」と、明るすぎる色味は
ある種「神話」的なこの1部にはあまりそぐわないように思います。
(配色自体はかなりこだわっているようなのですが、なんせ発色が
よすぎるのでそれ自体に違和感があるのです)
ただ、単に自分がCGのアニメを見慣れないというのもあるので、
現在のご時世ではこれでかなり合格点なのだろうと思います。
エンディングは全体の雰囲気と凄くマッチしててイイですね!

○キャラクターデザイン
後述のディオを除いてデザインそのものは全体的に悪くないと思うのですが、
動いたときの絵にバラつきがあるというか、どうも話の中で
絵が不安定で統一感がないような印象があります。
これは予告編でもそう思ったのですが。

特にブレがあるなと感じたのはディオでしょうか。
ある程度「型」が決まっているジョースター家の面々に比べると特に感じます。
というか、そもそもディオのキャラデザ自体に若干「コレジャナイ」感が
あるのですが、それが本編見ても引き摺っている感じです。エリナもそうですね。
話が進んだら変ってくるんでしょうか…。

○ストーリー
完全に原作準拠ですけれども、というか
おそらく変えるという発想がない作品だと思うので、そこはうれしいのですが、
とにかく早い早い。原作知って見てても物凄く早いです。
決まった話数のなかで何部かまでを消化するためにはこうなるんでしょうか。

ちょいちょいシーンは削除されてはいるのですが、
全体的には何かを削ったというイメージ、というよりも、コマとコマの間に、
自分で無意識に入れている息継ぎとか合間を全くなくしてつないだ画面を
見せられたらこうなるんだな、とこのアニメを通じて新たな発見をしています(笑)。
通常ならそのコマだけで数十秒眺めてしまう「何をするだァー!」のところだって
瞬く間に過ぎ去っていきましたもんねえ…。

元々ジョナサンは世間知らずのおぼっちゃんではありますが、
より訳のわからんボンボン感が凄いな(苦笑)と思いながら見ていました。

---------------------------

というわけで、結局まだ1話では何とも言えないなあ、とは思っていますが、
現時点では初見の人に是非おもしろいから見てね!と太鼓判を押せるノリではないので、
今後アニメから初見の人も引き込んでいける魅力的な流れになってくれればいいなあ、
と思っております。


posted by 日高見 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョジョネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。