2012年10月06日

須藤寿GATALI ACOUSTIC SETリリースパーティ

遅くなりまして申し訳ありません(^^;
結局一週間どういう方向で書くか悩みまくって
最終的に結論がでなかった、須藤寿GATALI ACOUSTIC SETリリースパーティのレポ。

The Great EscapeThe Great Escape
須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET

曲名リスト
1. あそびいこう
2. 楽しい時間旅行
3. ウィークエンド - Theme From The Great Escape
4. 騒々しいバナナ
5. カーニバル
6. ハーイ! ゴメス!
7. 僕はゲリラ
8. 太陽の季節
9. フェアウェル
10. ハッピー・ウェディング

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホントにMCが多かったもので、まとめ方が思い浮かびませんでした(^^;
議事録みたいに書いてもホントにとりとめがないので、
以下ふわっと感想を中心にホントにメモ程度で書き残しておきます。

気になる方は続きをどうぞ。

------------




今回はCDリリース直後ということで、バンド編成でのお披露目パーティ。
ゴメス+ウッキー(浮雲、こと長岡 亮介)の通常編成に加えて
ベースにケイタイモ、ドラムに伊藤大地のかなり豪華編成。

とはいえ、以前青山CAYで行われた、着席制のまったりライブとは違い、
通常のスタンディングライブでした。
平日の18時開場と言うこともあり、開場時間には半分も人が集まっていないようでしたが、
最終的にはかなりいっぱいにお客さんが入っていました。
会場は代官山UNIT。ステージには観葉植物やソファなどもセットされ、リゾート地風。

曲はリリースパーティということもあり完全にCDと同じ、
ということを序盤MCですでに公開してしまう須藤さんw
曲と曲の合間に、先日でたガタリ本に収録されている曲のエピソードなどを交えつつのMCが入ります。

4434170333須藤寿GATALI ACOUSTIC SET book
マーキー編集部
マーキーインコーポレイティド 2012-09

by G-Tools


これが。

そもそもユニット名に入っているように、「ガタリ」もまたこのライブのキモではあるわけですが、
ほぼ1曲ごとに入るので、話が長い長い。
ライブで盛り上がる、というよりは、1曲1曲をエピソードを交えながら楽しむ、という趣でした。

MCが余りに多かったので、覚えているの全部書くとマジで議事録になるレベルw
まあ、各曲の解説は本人談で本にもなっているし、今回は一部割愛するとして、
とりあえず印象に残ってるやりとりをいくつか。

------------

ケイタイモ「入ってみてわかったけど、気持ち悪いぐらいお互いを褒めあうバンド。
      とにかく褒めるよね。悪い気はしないけど。」

須藤「俺、他人のいいところしか目に入らないんだよね! 
   だからつい褒めちゃう。イヤなところ見つける方が難しいぐらい。」

大地「俺とか初対面からいきなり褒められたもんねw ビックリしたよ!」

須藤「だって、失礼無いようにしたいじゃん!だから凄く調べたんだよ。
   YouTubeとかWikipediaとかで!
   そしたらドラムがすごくいいなって思って!だからいきなりほめちゃった(笑)」

大地「でも、結構Wikipediaも間違ってるんだよ。
   俺最初長野出身とか書かれてたしw 全然東京なのに。」

浮雲「Wikipediaって結構間違ってるよねえ。自分で見て違うな〜って思うこと結構あるし。」

須藤「わかる!でも、直せるらしいけどどうやって直せばいいかわからないよね?
   もう面倒だから間違ったままでいいやってなっちゃうw」

ケイタイモ「ちょっと間違ってるぐらいならいいじゃん。
      俺なんてケイタイモでgoogle検索しようとすると
      最初にでてくる候補が『ケイタイモ 死去』だよ?死んでないっちゅーの!」
     (※ホントに出てきます)

須藤「あ、●●死亡説、みたいな奴だ!」

ケイタイモ「そうそう、こうやって活動してるっちゅーの。だから、是非皆さんには
      『ケイタイモ 復活』とかでいっぱい検索してもらって、検索候補を変えたいです!」

須藤「でもさ、ある意味一度死んだって考えてもいいんじゃない?
   『一度死んだ俺だけど、君達に会うために生き返ったよ!!』ってさ。」

浮雲「須藤ってそういうセリフがぽんぽん出てくるのが凄いなw」

ケイタイモ「ほら、また褒めあってる(笑)」

------------

ゲストボーカルでコトリンゴさんがでてきたときの話。

コトリンゴ(ゲスト)「須藤さんに初めてあったとき、
           いきなり『なんて呼んだらいい?』って言われてビックリしましたよw」

須藤「え、そう?だって『コトリンゴさん』なんて言ってたらいつまで経っても距離感がない?」

コトリンゴ「そうですね。でもビックリしましたよ。
      自分で自分のことこう呼んでくれなんて言ったことないし・・・。
      とりあえず『コトリさん』って呼ばれてることが多いってのはありますけれど。」

須藤「『コトリちゃん』!ほら、そう呼んだら、グッと近くなるじゃん!」

------------
須藤さんのコミュニケーションの上手さマジ天使ぶりが様々なところで発揮されてました。

このガタリの中では結構ケイタイモさんがおもしろい位置にいて、
先輩的な立ち位置にくるので、天使須藤にマイペースウッキー、後輩キャラゴメスという、
基本須藤さんが主導権を握っているMCの流れとはまた違うアクセントがあっておもしろいです。
大地君もまたたまにしゃべるとじわじわよくて。
今度のツアーはバンド編成日とアコースティック日と2種類ありますが、
たぶんMCの方向性も先輩あり/なしで結構違うような気がします(笑)

--------------

MC中では妙に須藤さんがゴメスを推していて、かなりいじっていました。

須藤「今日、ゴメスだけだよ!物販で自分のCD売ってるの!」

ゴメス「え、ダメ?」

須藤「いや、全然ダメじゃないけど、ちゃっかりゴメス!えーと、なんだっけタイトル?」

ゴメス「リトルビットモア」

須藤「え、なに?リトル?どういう意味?」

ゴメス「もうちょっと、という意味」

須藤「なになに?このCDの出来がもうちょっとって意味?」

ゴメス「いや、そういうもうちょっとじゃないんだけど(笑)」

須藤「でもさ、ゴメスの曲凄くいいんだよ!こないだライブ行って感動したもんね!
   でもね、一つだけダメなことがある!MCが暗い!!そこがダメなんだ。」

ゴメス「暗い…かな…?」

須藤「暗いよー!もう、ちょっとこう、もりあげていかないと!」

浮雲「でもイヤだな、ゴメスが『君達のために生き返ったよー!』とか
   なんか軽いこと言い始めたらw」

須藤「そうだね!
   ゴメス、なんか急に浮いた奴になった!須藤の影響か!とかなったらそれはやだ(笑)
   ゴメスにはずっと純粋なままでいてほしい。でもね。曲はほんっといいんだよ!」

-----

ゴメスの曲がイイ、イイとあまりに推しているので、
終演後早速物販でCDを購入してみました。
しかし、売れる売れる。最終的に売り切れたらしいですね(^^;
確かに凄く良かったのですよ。

--------------

ライブはメンバーもオーディエンスもさぐりさぐり、の感じ。
そもそもワーッ!となりにくい曲が多いので、どこで盛り上げていくか、
ということは須藤さんもどうも計りかねているらしく、コール&レスポンスが
うまくいかなかったりする場面も散見されました。
今日の反応をツアーに生かしていくようです。ある種ゲネプロでもあったんでしょうね。

この時点でまだCDを聞いていなかったのですが、
独特のトリップ感、というか楽園感が楽しい曲ばかり。
楽器もウッキー&ゴメスの早変わりみたいな勢いで
めまぐるしく変わっていって、そこも見ていて楽しいです。

その中でも一味違ったのがドーパンの解散にあたって書かれた「フェアウェル」
これは須藤さん自身が特別な想いをもっているようで、
曲を譲ってもらったいきさつも含めてとても大切に、大切に歌っていました。

そして続いて宮っTeaの結婚に際して書かれた「ハッピー・ウェディング」。
きれいに本編がおわっていきました。

----------------

そして、アンコール。
何の曲をやるのかな、と思っていたら、なんとカバーコーナー!

「あの時君は若かった」と「学園天国」というなつかしカバーを2曲。
会場大盛り上がり。特に「学園天国」を演奏している時の大地君が
妙に生き生きしていたのが印象的でした。

---------------------------

というわけで、リリースパーティは約二時間半でつつがなく終了。
「燃え尽きる」というライブ後の感じとは違う、ほんわかとしたライブ終了の夜なのでした。

ツアーも楽しみです!

----------
2012/09/27
須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET @代官山UNIT

SET LIST
01. あそびいこう
02. 楽しい時間旅行
03. ウィークエンド - Theme From The Great Escape
04. 騒々しいバナナ
05. カーニバル
06. ハーイ! ゴメス!
07. 僕はゲリラ
08. 太陽の季節
09. フェアウェル
10. ハッピー・ウェディング

EN1-01 あの時君は若かった
EN1-02 学園天国


posted by 日高見 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 髭(HiGE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。