2012年08月02日

【バレ注意】ジョジョ展inS市杜王町潜入レポートA 平日編

元々3回は行きたいと思っていたものの、
こんなハイペースで行く予定ではなかったのですが、
考えてみれば「会期中」かつ「七夕でない」「平日」の休みって
もしかしたら今日明日しかないかもしれない、ということで
ワタワタ行ってまいりました、2度目のジョジョ展。

ということで、今回は初日に出かけたときとの違いを中心に、
初日は出来なかった撮影ポイントの話などを追記的にさらっと
書いていきたいと思います。

気になる方は続きをどうぞ。

<関連>初日に行った時のレポート。全体的な流れはこちらで。
http://nisemania.seesaa.net/article/283636909.html

---------------

とりあえず初日に出かけて、その後平日に出かけることは考えてたため
しばらく公式ツイッターの発言動向を見ていて、こんなことが分かってきました。

@平日でも整理券が出る場合がある(その際は撮影ポイントの開放はない)
A整理券が出ない場合でも入場までの待ち時間がある。
 数時間おきに概算の待ち時間を公式twitterでつぶやいてくれる
B待ち時間は午前中〜午後の早い時間帯は90分、その後16時ぐらいまで30〜60分、
 17時をすぎるとほぼ待ちなしで入れる(展覧会は19時まで)
C平日限定入場券は当日券として販売しているものの、一定数に達したら販売終了
D8/2昼時点でまもなく平日券売り切れ

------

D!?? いや。
D!!!!!!!!!!


昼までは今日行くかな、明日行くかな♪とか思っていましたが、
ツイを見た瞬間にスデにロッピーの会計は終了していました。
この数時間後にチケットは販売終了となったらしく、まさにギリギリセーフ(^^;;

で、ジョジョ展関連のツイートを検索して見ていると、16時半ごろには30分以下の
待ち時間になっているということだったので、17時前にいそいそとおでかけ。

--------

会場行き専用エレベータに乗る前に簡単にチケットを確認され6階に上がると、
おお、10人ぐらいしか入り口前にいない。いそいそと入場列に入る。

ここで、初日との違い。

入場前に簡単に注意事項の説明がありました。そういえば初日なかった。

●撮影等の禁止、メモ取りも禁止。(メモもだめか!)
●飲食の禁止、特にアメ・ガムも禁止。(アメガムで食い下がったひとが誰かいたのか!)
●物販が離れていること、会場内ではごま蜜団子のみの販売であること
●杜王新報は出口で配布であること、物販会場で販売もしているので是非購入してほしいということ。
(これだけ物販が売り切れている中のこのアナウンス、みんな物販で杜王新報は買わないのか?)

説明は20〜30人を一組にして聞かせて、その後ろの人は一旦前の組が説明受けて
入場してはけるまで入れない、という流れ。Fミュージアムみたいなカンジ。
入場がシステマティックになっていました。

--------------

入場後は2列で列を作ったまま見るように指示がありました。
平日で人数は少ないのですが、結局自由にみるというわけにはいかないようで、
また逆に初日と違ってコア層が少ないせいで進むのが早く、その流れに乗ると
人がぎゅうぎゅうよりも結局早く通り過ぎないといけないという若干残念な形。
特に最初のBT〜バオー〜アイリンは
「この作品何?」「わかんない、ジョジョの前のじゃない?」
てな具合でみんなサクサク歩いて行っちゃうので辛かったです(^^;
一応組の最後だったので、比較的自分のペースは作れたんですけどね。

-------

で、2度目の観賞。

テンションアガりすぎで見たの初回と違い、改めて「絵」としての
ジョジョ原画と向き合うことができたと思います。

特に初期と今の色の塗り方の違い、色の作り方の違いなどが
改めて移り変わりとして感じられました。
派手な印象がする1部〜3部がむしろ色の塗り方としてはシンプルで
水彩画のセオリー的な着彩であること、
その後、部が進むにつれて様々な画材を使ったり色を使ったりした
自由な画風に変わっていくこと、などなど興味深かったです。
その意味で、4部をフィーチャーしたのはもちろん嬉しいけれども
画風の変遷を一連の流れで見ていくときに4部部分が抜けちゃうことが
ちょっともったいないなあ、という印象も持ちました。

そして、キャラクターとかの印象をすべて取り払ってみても、
改めて荒木作品は「絵」として好きだなあ、という実感を持ったりもして。

--------------

そして、5部エリアに来ると、人の流れが明らかに変。
ちうか、みんな原画背にして一生懸命撮影してる(^^;;;
ここが、噂の平日限定の撮影可能エリアです。



ドドドドドドドドドドドドドドド



バァァァーーーーーーーンッ!!!

ブチャチームの皆さんと撮影♪

…が意図されてる空間なんですけど、観覧の動線の中にこのエリアがあるため、
当然長時間立ち止まることは許されず、ジョジョ立ちして撮影するとなると
かなりの「覚悟」がいると思います。(羞恥心+さっさと進めという圧力)
前の方はその中でここに立って写真とってましたが、
基本さっとパッというのが鉄則のようですね(^^;
上の写真は誰も周りにいないような風情ですが、その絶妙な心理戦の中に
出来ている空間だとご理解ください(笑)

で、皆さんここで一生懸命撮影しているので、のたのた列になったため
5部イラストは再度まじまじと楽しませていただきました。

------------------
で、5・6・7・8と歩を進め、4部エリア。

ここで

「こちらが岸辺露伴の仕事机の再現となっております。
 再現された細かいインクのシミや、小物類、またペン立てにかかっている
 ピアスがそちらの等身大フィギュアのピアスと形が違うことを
 是非ご確認ください。」


って、係員さんによる説明がはいったー!!! 初日はなかったです(^^;

てか、形が違うピアス!??? 気がつかなかった!

じっくりと机を見回すと、あ!!
Gペンじゃなくてカブラペンのピアスがある!!!
サジペン 3本入 デザイン・色彩 ペン・デザインインキ・カリグラフィー 514-821

形が違うってペンの種類が違ったのか(笑)でもこっちもかわいい。

露伴先生の机については、最後人が全然いなくなっていたので、
戻って何度も見直してしまいました。いいっすねえ。ディティール。

----------------

今回は、ライト層の人が多かったのか、最後の「岸辺露伴グッチへ行く」は
皆でガン読みしていてそこだけが異常に混みあっていました(^^;

全部見終わって18時すぎ。
この時間帯になると、人は大分少なくなってきます。
見学列も無くなったりしていたので、(さすがに最初まで逆走する勇気はありませんでしたので)
また戻って見直したりして退場。
----------------

で、最後に物販整理券をもらって終了。とりあえず今日は行く予定はなし。
物販整理券は当日限りなんですね。残念。
で、最後の物販紹介エリアで販売状況見たら、軒並み売り切れになっている様子(^^;
以前大友展の時に、東京までいったのにもかかわらず
この「軒並み売り切れ状態」で欲しいものがことごとく買えなかったので
今回は初日に色々確保できて(玉虫塗はそれでも買えなかったけど)よかった…。

-----------------

そんなこんなで平日ジョジョ展のつれづれなるレポートでした。
次回は会期終了直前にトニオ風コースとペアでのまさに「最後のまとめ」的な
観賞となります。3度目で新たな発見があるのか。
見終わりましたらまた感想レポをしたいとおもいます。


posted by 日高見 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョジョネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。