2012年01月20日

【バレ注意】今更これまた奥田民生「おとしのレイら」仙台メモ。

拳を天につき上げろ(初回生産限定盤)(DVD付)
ようやく行ってまいりました、
奥田民生ツアー「おとしのレイら」仙台サンプラザ公演。
以下そのメモレポとなります。

全く初参戦+事前の知識なしで臨みましたので、
以下、他会場と比較論を一切行っていません。
そのため、セットリストの比較やMCの比較はしていませんので、
そのあたりをご希望の方は内容から他との違いをご確認いただければと思います。

ちなみにMCの入る位置はもう、まったく雰囲気ですし
前後関係もかなり怪しいです、空気が伝われば幸いです。

それでは、バレOKで気になる方のみ続きをどうぞ。

-------------------

会場は仙台サンプラザ。先日吉井ソロ@仙台でもきたのですが
円形のホールのつくりから「ミニ武道館」とも呼ばれる、評判の良いホールです。
未だ震災後復旧していないホールがある中、仙台ではかなり早急に復旧した部類のホールです。

2011年のユニコーンのツアーはあえなく会場変更となってしまったので、
ユニコーン/顧問関係では2010年の顧問ソロ以来。
少々感慨深く、会場へ向かいました。

事前物販は混むこともなく快適。
たみおもみじと絵馬とパンフを購入。
CD販売があれば賑わい物販だったんでしょうけれども、
CDがない後半戦の物販はいたし方ありませんね(^^;

----

18:30開場予定だったけれど、実際の開場は18:20。
すいすいと中に入って、例の携帯企画のポスターを探すが…ない。

これは宝探し的な要素が隠されているのかしら…と思って
何かの裏とかも無駄に見てみるが、ない。

twitterを見ると、どうやら同じように
ポスターを探してふらふらしている人がたくさんいる様子。
というわけで、係員さんに聞いてみる。

「あ、ポスターですね! あ、はい、今確認していますから。」

といって電話をし始めてしまった。
どうやら、何人かに同じように聞かれた様子。
同じように様子をうかがっている人たちがたたずんでいる。

その後、その係員さんの様子をしばらく見ていたが、
どうやら貼ってある貼ってないの問題ではなく
そもそもポスター自体が会場にないらしく、
開演前には埒が明かない風だったので、一旦置いておいて、着席。

席は、2階民生側最前列。
丸い形なので、2階とはいえかなり近い部類になります。
1階の一体感が本当は好きなんだけど、全体がとても良く見えます。
で、目線の下にPA卓、その横に銀ちゃん。
結果的にステージ袖のJメンとかも自然に見える位置だったので(笑)
なかなかのお席でした。

で、いよいよの開演!!!!

-------------------

01 ギブミークッキー

------

ギブミーーーーーーキターーーーー!!!!

て一人テンション上がりまくるw
いや、レアな曲でも何でもないんですけど(笑)
compの曲がとにかく好きなんですよね。
なんで、これから始まってゾワゾワっときました。

で、できればそのまま快楽ギターにいって欲しかったんですけどね。
だって開演七時だったし(笑)

ステージセットはいつものシンプルな構成。
民生&礼のところにカーペットがしいてあって、真ん中にソファ。
前のツアーに似た感じ。
ただ違うのは、礼さん側においてあるものがアンプから何から全部赤い(笑)
さすがレキカンツアー。

------

02 ルート2
03 わかります

-------------------

民「えー…というわけで、今年は色々ありまして、
  只今ツアーをやっておりまして、仙台にやってまいりました。
  まあ、仙台では一回あっちでやって(ゆにこんZeppのこと)
  そっからこっちに来ただけって、大して動いていないんですが(笑)
  (仙台サンプラザとZepp仙台は徒歩10分の距離)
  休みなく働いております。」

民「世間一般では奥田民生といえばやれマイペースだの
  やれダラダラだの言われておりますが!全ッッ然そんなことないですから!
  こんなに働いたら疲れるっちゅーねん!
  もうこの後はしばらくがーーーーーっと休んでですね(笑)」

客席えーーーの声。

民「まあ、ともあれ今日は『おとしのレイら』ってことで。
  礼さんの還暦をお祝いしようってツアーなんで、
  是非この後もちょいちょいおめでとうって言ってもらえればと思います。」

この後、本当にMCのたびにちょいちょい「礼さんおめでとーーー!」
の声がかかって、顧問がそのたびにちょい笑いになってたのがとても面白かったです。

-------------------

04 夕陽ヶ丘のサンセット
05 何と言う

------------

で、曲に入ろうかなと暗転しているところ。
顧問の立ち位置によって微妙にノイズが入って、それが物凄く気になる顧問。
シールドの関係なのか、体を縦に向けたり横に向けたりすると微妙に
ノイズが大きくなったり小さくなったりする。
ノイズの小さい位置を探して体をクネクネさせる顧問。

客席も礼さんもそれを見てニヤニヤ。

で、暗転していたところでライトがつく(笑)

民「このデジタル全盛の時代に『ブーン』てwwww
  今こんな音ならないでしょ。」

民「昔はテレビの電源入れると『ブンッ』ってこんな音したけどねw」

礼「テレビ?」

民「そう、電源いれて、つくまでの瞬間にこう『ブンッ』って(笑)」

妙にうれしそうに『ブンっ』の音まねを連発する。

民「今のテレビなんて、つけたって音出ませんよ。
  その代わりに『REGZA』とかってロゴがでる。レ・グ・ザ!って感じで。
  もうテレビ買ったってのになんで自分はレグザだって宣伝するのかわけわからんですよ(笑)
  いや〜、昔はよかったですねえ〜。」

民「そうして考えてみると、ここにあるもの、このアンプもこのギターも、
  礼さんのベースも全部古い!古いのばっかりだ!」

礼「俺も還暦だしね」

民「礼さんのベースって何年ぐらい?」

礼「これは…50年ぐらいかな」

民「本当に古い全部古いのばかりだな〜。
  だって、新しかったらアンプこんなにでかい必要ないし!
  こんな(手の大きさぐらいの)小さいやつでいい!
  というか、そもそもアンプとか必要なくてこれ(目の前においてあるiPad)に
  直接出力しちゃえばいいって話だし!」

礼「そういえばそうだね」

民「というか、こうやって今ここに集まっている必要性もないわけで。
  それぞれが家でやってそれをステージ上であわせちゃえばいいわけでしょ?」

民「あ、家でももちろん衣装だけは着ますけどねちゃんと!(笑)」

民「こうチャットとかで?じゃあやるよ〜とかってやればいいわけだし。
  でも湊だけはそういうのできないから、
  湊だけ一人でステージ上がって、電話でやり取り(笑)」

礼「で、映像だけはホログラフ?とかでこう流しておけばいい訳だ」

クネクネと体をくねらせる礼さん。

民「礼さんなんでクネクネしてるんすかww」

礼「え?ホログラフだから」

民「別にホログラフだからって体クネクネさせる必要ないwww」

礼「…でも、そうなったらもうお客さんも来る必要ないんじゃない?」

民「そう!イヤホンで聞いちゃえばいいわけで!」
  
最前に座っていた小さい子供の方を見ながら。

民「もう、この子が大きくなるころにはそういうの当たり前になりますから、
  今こうやってわざわざやってきて演奏してるのが見られるのなんて貴重になりますよ!」

民「オレ、昔コンサート行ったことあるよ! ええ!すげえ!みたいになるんですから。」

有太「その子、何歳?」

有太さん、客席の子供のお母さんに声をかける。3歳らしい。

民「3歳!礼さんと57歳差!!!! 57歳差ってどんなんだ!」

民「でも、もう、その子が大きくなる頃なんて、
  色々技術進んで礼さんなんて死ななくなってるんじゃないかな。
  その子大きくなる頃って、90ぐらいなら余裕で演奏できそうだし。」

民「・・・・え?えー 早く曲行けって?(笑) はい、じゃあ、次の曲。」

-------------
06 フロンティアのパイオニア
07 ベビースター
------------------

民「それにしても、まあ、ね、お客さんも若くないって最近よくわかるんですよ。
  客電消えてても、客席がマットな感じが分かりますから。
  「マットフィニッシュ」な感じ。軍事用のやつみたいな。」

礼「つや消しってこと?」

民「そう、つやがない!」

民「でも、若いって言うと、最近の若いバンド見てて思うんだけど、
  こう、ヴォーカルだけが目立つってバンド多すぎる気がして。」

民「もっとこうね、俺らみたいなね、俺が俺がって全員が主張するようなね(笑)
  こういうバンド見られるってのは凄く貴重なんっすよ?
  だからしっかり見といてください!」

で、次の曲に行くためにまた電気が落ちかかるも…

民「…(ボソッと)もしかして皆俺らがなんか特別なことしてると思ってる?
  俺らは別に何も特別なことしてないですよ。こんなん誰でも出来ますからね?」

また照明明るくなる。

礼「そうそう。もうアテブリだよねww」

民「そう!俺らはただテープに合わせてアテブリしてるだけですから!」

礼「テープってwwwww」

民「皆今まで騙されてたかもしれませんけど、
  MCもね、全部録音したのに合わせてるんですから!
  それはそれで大変なんですよ!リハが!」

礼「MCもww」

民「良く見てると、こう袖に再生の合図とか出してるんですから!知らなかったでしょ!」

なんかこう、ユニコーンの3倍ぐらい喋ってんじゃないかというノリノリ顧問。
このくだりは「笑ってはいけない」のクラウディアネタでしょうか(笑)

民「だから、こういうことならだれでもできるから、皆やればいいんです!
  だって?ここにいる人、みんなあしたからバンドくんで演奏しようっていうキッズが集まってるんでしょ?」

礼「キッズwwwwww」

民「まあバンドっていったら高校生とかが中心だから、
  まあそれに比べたら歳いってるかもしれないけどまあいいでしょ!」

礼「まあね、別にいくつから始めたっていいしね。」

民「これで明日から仙台に急にいい歳のバンドが増えるでしょうね!
  もうリハスタの予約一杯にしちゃえばいいんですよ!
  何か年寄り多ッ!!みたいなカンジになりますけど(笑)」

ドSなんだかなんなんだか(笑)
でも、まさにそんな感じでいい歳でベース始めた自分的には
このやり取りがものすごくうれしかったんですけどね。

------------------

08 ライオンはトラより美しい
09 ロボッチ

------------------

ネタバレ厳禁の不文律があるtwitter上において、ツアー中やたらちょくちょく
ネタバレというか誰かが反射的に書き込んで結果的に知ってしまっていた
「ロボッチ」。妙にセクシーな絶妙なアレンジが、やるって知ってても
うわあ!!ってなって顧問凝視しまくってました(笑)
なるほど、こりゃあネタバレふっとんで書きたくなっちゃうわ・・・・。
これ音源めちゃめちゃ欲しいと思いました。

------------------

10 かたちごっこ

-------------------

さて、(確か)かたちごっこでひとしきりしんみりした後、
メンバーがおもむろにグッズの赤パーカーを着だしてもぞもぞする。

で、礼さんは不在。

民「あれ?礼さんは?」

有太「ちょっと用足しに行ったみたい(笑)」

民「用足しィ? …まったく、主役なのに(笑)
  まあ、そんなわけで、皆さん、しばしご歓談ください。」

またも着替えながらもぞもぞ。

民「というわけで、グッズのフーディーなんですけど、
  いいでしょ?コレ。かっこいい。」

民「何かボーダーとか着てる人いるけど、アレはもう古い!」

と、最前列のユニコーンのZツアーボーダーTの人を指して言う。

有太「あれ、ユニコーンの?」

民「そうそう。
  でも、今時あんなふっといボーダーなんか流行んないんだから!ダサいですよ!」

民「それに比べてこのパーカー!レイらって書いてますからね!
  紐むすんじゃったりもできるし!」

礼さん、フードをかぶり、紐をかなり強く引っ張って縛った状態で登場。

礼「いやーいやいやいや悪い悪い。」

民「礼さんwwww 縛りすぎwwwwww」

更に湊さんがもうほぼ目しか出ないぐらいにフードの口をすぼめた状態で登場。

礼「しかし、こうやってフードかぶっちゃうと音が聞こえないね。」

民「確かにwww でもほら、カッコいいでしょ!」

とにかくフーディーのよさをアピール。

民「…というわけで、還暦祝いってことで全員赤で。
  で、ここで還暦の礼さんを偲んで」

礼「偲んでってwwwwwww」


民「その昔礼さんがいた、サディスティック・ミカ・バンドのコピーを。」

--------------------

11 ダンス・ハ・スンダ(サディスティック・ミカ・バンド)
12 還暦ロック→「監獄ロック」("Jailhouse Rock"/Elvis Presley)の替え歌

--------------------

いずれも礼さん+顧問でのヴォーカル。
還暦ロックって替え歌になってるってのに気がついたのは
意外としばらくたってからで、最初は普通に監獄ロックを歌ってるのかと思ってた(笑)
でも、折角替え歌にするんだったら、英語で歌う部分も変えて欲しかったかなあ。
あそこは普通に「♪Jailhouse Rock」って歌ってましたね。

--------------------

13 手紙

--------------------

民「あー…なんか半年分ぐらいギター弾いたって感じがする。
  いやあ…普段あんまり練習とかって弾かないんですよ。
  ほら、俺って天才だから(笑)。」

民「うそうそ(笑)、普通に下手なんですよ。」

礼「そう?」

民「リアルスローハンドって言われてますから。ただ遅いだけなんですけど。」

きょとんとする客席。

民「ん?スローハンドって知らない?エリックさんしらない?」

礼「エリックさんってww マリックみたいだなw」

客席から知ってるー!という男性の声。
あとは静かな客席。

民「あー… あー… そんなもんですか。
  なんか折角知っててくれたのに「何で知ってんの?」な雰囲気になっちゃって
  スイマセンねw」

民「エリックさん、わかりますよね。そう、くらぷとんの。
  彼ギターがあんまりにも上手いもんだから、弾く動きがあんまりにも早すぎて
  ゆっくりに見えてそう言われたって逸話があるんですよ。
  ほら、タイヤが早く見えたら逆向きに回って見えるとか、扇風機の羽とか、
  そういうのあるでしょ?あれでゆっくりに見えちゃったって話ですよ。」

民「で、自分は『平成のスローハンド』ってわけで!遅いから!」

礼「リアルスローハンドってわけねww
  でも、最近の子でもっと遅い子いっぱいいるじゃない。
  まだ早い方じゃない?」

民「いやいやいや、そんなことはないです(`・ω・´) 」

--------------------
14 MANY
15 最後のニュース
16 解体ショー
--------------------

解体ショー、もちろん前のソロツアーでも聴きましたけど、
久しぶりに、この瞬間に聴いたら何かわあっ!とこみ上げるものがありました。

多分、今回はツアー後半までずっと待って待って待って待って
今日を迎えていたので、その気持ちと歌詞が上手い具合にかみ合ってしまったんですよね。
一人でじわ〜っと感動してしまいました。

で、あれ。これで終わりかな…と思ったらまさかの最後にアゲ曲!

--------------------

17 御免ライダー
18 明日はどうだ

---------------------

で、明日はどうだでしめるという。
いいですね。緩急上手いことついてる良いセトリでした!

-----

そのあとアンコールだったわけですが、
いつものように客席はほとんど着席してアンコール。

ゆにこんの時も思ってたんですが、拍手がほぼ一定間隔で(自然に早くなったりしないで)
最後まで続いたのは個人的に凄いな〜って思ってたんですけどね。

ステージライトがついて、出てきた顧問いわく。

民「アンコール中、みんな座ってたでしょ!
  こっちは奥に引っ込んでるから見えはしないんだけど、音で良くわかるわ。
  やっぱ、立ってやってる拍手と座ってやってるのって全然違うんだよね。」

民「まあ、こっちもアテブリだってさっきバレちゃったから(笑)
  フィフティーフィフティーでいいんですけど(笑)」

などとまあいつものドS発言(笑)
でも、拍手のタイミングズレなかったのはすごかったと思ったけどなあ。

で、

民「えー、先日シングルとビデオが出て、
  まあ、今年はもう大分働いたなって思ってるんですが(笑)
  あとはもうちょいちょいっと出ていこうと思ってるんですけど。
  今日はそんなわけで先日出たシングルから。」

----------------------

EN1-1 拳を天につき上げろ
EN1-2 近未来

----------------------

初生聴きのこぶてん!よかったなあ!
カンパーイ!でまさに拳を天に突き上げての一体感。よかった!
で、近未来でしゅわっと閉じて終了。

その後、客電がついでアナウンス始まるも、
客席はみんな帰らずダブルアンコールの拍手。
凄い凄い!とかってに思っていたものの、
どうやら後で知ったら予定調和だったらしいんですが(苦笑)
この時は最高にテンションあがっていました。

で、しばらくしてメンバー登場!!

民「やーどーもどーも。みなさん疲れてるんでしょ?顔に出てますよ。
  じゃ。疲れないようにぱぱっとやっていきますからね。」

民「ま、そのうちまた来ますから。」

顧問がなんとなく言ったこの一言、凄く嬉しかったなあ。
アラバキ来るのかなあワクワクとか思ったし。

----------------------

EN2-1 さすらい

----------------------

最後はみんなで大合唱のさすらい。
そう言えば前のソロツアー、退場BGMのこの曲で
会場みんなで大合唱してたの思い出して、なんだか胸が熱くなっちゃいました。

全くはじめて聴く曲はこぶてんぐらいで、あとは何度も聴いたことが
ある曲が多かったけど、今だからこそ味わい深くて、でも再始動前の
顧問ソロを思い出すような瞬間もたくさんあって
個人的には大満足な公演でした。
他公演を見ないって決めて参戦するってのも自分の中では
これはこれで良かったと今回のツアーについては思いました。
生ライブCDがこの会場でないのは本当に残念だけれど、
このライブの後の感覚を味わって、味わって、パッケージのライブCDを
楽しみに待とうと思います。

楽しかったなあ!やっぱりいいや顧問ソロ(`・ω・´)

ちなみに:開演前に見つけられなかったポスターですが、
モノがどうやらそもそも会場どころか仙台になかったっぽくて
QRコードだけが印刷されたコピー用紙が会場のいろんなところに貼ってました。
で、それをみんなで一斉に写メると言う図。まあ必要なことはできたわけですが
見たかったなあ…本物のポスター…。

-------------------------

(1/17仙台 セットリスト)

01 ギブミークッキー
02 ルート2
03 わかります
04 夕陽ヶ丘のサンセット
05 何と言う
06 フロンティアのパイオニア
07 ベビースター
08 ライオンはトラより美しい
09 ロボッチ
10 かたちごっこ
11 ダンス・ハ・スンダ
12 還暦ロック
13 手紙
14 MANY
15 最後のニュース
16 解体ショー
17 御免ライダー
18 明日はどうだ

EN1-1 拳を天につき上げろ
EN1-2 近未来

EN2-1 さすらい
posted by 日高見 at 23:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 奥田民生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜、やっぱり。
私もポスター探したのですが見つからず、行きも帰りも新幹線ギリギリで、できませんでした。
ガッカリ。。。心残りです。

私の席も2階でした。

あらためてひたかみさんのレポをみると、よくしゃべっていたなあ。。と^^
沢山話してくれると嬉しくなってしまいます。
アンコールの拍手は皆さんに合うように必死に頑張りましたよ!
最後のさすらい、前回ツアーの大合唱を思い出し、それから起こったいろいろなことを考えないわけもなく、私にとって特別な1曲になりました。

毎回、毎回、ひたかみさんのレポでライブが2回も3回も楽しめます。
今年も楽しみにしていますよ〜♪
Posted by yokoyoko at 2012年01月21日 15:49
レポありがとうございました!おかげさまでじわじわ思い出してきました。

スローハンドのくだり、エリックについて「E.Hじゃないよ。あの人はビートルズの来日公演の司会の人ね。」とか

ギタリストのくだりで「CHARぐらいですかね…」とか

「100万枚とはいいません、一人が10枚買ってくれればいいんで…。あ、また買っちゃった、みたいな感じで。…『AKB』かっ。」とか。


ワタシは有太さんが湊さんの吸ってるタバコを取って吸い、ニヤリとした顔が見えるほどステージに近い席で堪能しました。シアワセ者です。

サンプラザ、駅から遠くもなくいい会場ですね。席もすべてが中央に向いていて列ごとに傾斜もついていて見やすいし。機会があればまた行きたいです。

当日、ツイでの仙台情報、大変参考になりました、ありがとうございました。(仙台のお土産、無難に『萩の月』『伊達絵巻』『利久』にしました。とても好評でした。)

Posted by 隣の:No.379 at 2012年01月21日 18:58
久しぶりの書き込みです。

あーーっ!なんて素敵なセトリなんでしょう!
行けなかったから余計にそう思うのかな。
私の好きな曲ばっかりだ。

そうそう。最近のOT氏、凄い喋る印象あります。
あと、昔に比べると客席ともコミュニケーションとるようになった気が…
以前は客が何言おうが無視!って感じだったし。
それはそれで素敵でしたが(笑)
Posted by いづみ♪ at 2012年01月23日 02:43
あの〜何度もコメントすみません。
今回のCDのことでご意見をいただきたくて。

どうやら手にしているCDは、帯バーコードは黄色・ディスク面奥田民生の右上にOTのマークはない。。。ということで交換の対象CDのようです。
ですが32秒あたりを何回聴いても音声が消えてる感じはしません。
素人にはわからないくらいの不良なのでしょうか?
「マスター音源・・・アナログテープを使用・・・なんちゃらかんたら」
って言われてもさっぱり訳がわかりません。
自分的にはこのままでも十分なのですが、やっぱり交換してもらったほうがいいのでしょうか?
もし良品CDが送られてくる中に「お詫びの印」みたいな特典があるなら急いで送る所なのですが、そんな期待は甘いですかね。。。^^;
Posted by yokoyoko at 2012年01月24日 09:58
パソコン入院中につきレス遅くなりましてスイマセン(^^;

→yokoyokoさん
沢山コメントありがとうございました!
ポスターは、残念でしたよね(;_;)私も本物拝みたかった…。

CDですが、私も交換対象ですけど、問題がわかりません。
ただ、何かしから作り手側として不本意な内容ではあったろうと
思うので、交換はしようと思います。お詫びの手紙文ぐらいは
入ってるだろうとはおもいますが、それだけだろうと思いますので、
特に問題がなければ交換しなくてもよいと思いますよ。


→隣の:No.379さん
お席近かったんですか!羨ましいです〜
私は全体を見通すには良かったのですが、やっぱり近さがなくて(^^;
しかしホールとしてはとても面白い形のホールだと思います。
結構アーティストにも好評みたいですね。
是非またお越しください♪

→いづみ♪さん
ホント、ユニコーン再始動以降、喋るようになりましたよね。
特に子どもに対するいじり方が凄い(笑)
コール&レスポンスじゃないですけど、一緒に空間作ってるって
カンジがします。次のツアー、是非是非。
Posted by 日高見 at 2012年01月26日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。