2011年02月20日

SAKEROCK MUDAツアー 仙台ダーウィン参戦メモ前篇

MUDA行ってまいりました、SAKEROCKのMUDAツアー初日@仙台ダーウィン。

SAKEROCKのライブはCDJ以来二回目、ワンマンは初なので
まだまだ全然初心者ですけれども、楽しんできました。
以下、その感想とMCで覚えている内容をつらつらと。
というか、書き終わってみるとほとんどMCっつーなんか凄い事態に(^^;
しかも長すぎるので前後編に分けます。

曲が全部は分からないのでセットリスト的なバレはあまりありませんが
全体的な演出など今後ツアーに参加する方で気にする方も
いるかと思いますので、気になる方のみ続きをどうぞ。

(※なお、基本的に私のMC覚書は頭の中にある断片的な記憶を上手くつながるように
  再構築して文章を起こしていますので、実際のMCとはちょっと異なる場合が
  往々にしてあります。雰囲気を味わっていただく程度の信憑性でお楽しみください)

---------------


会場は個人的に始めてのライブハウス、ダーウィン。
仙台市内のライブハウスの中でかなり新しい部類に入ります。
300人前後の収容人数のあまり大きくは無いライブハウスですが、
天井がかなり高く、地下にあるにもかかわらずかなりの開放感がある
小奇麗、という表現をするよりはだいぶキレイなハコでした。

自分の整理番号は二桁ではあったものの、決して早い番号というわけでもないので
見える場所などはあまり期待していなかったんですが、今回入ってみて驚いたのが
お客さんが全体的にとてもまったりしていて、入場とともに少しでも前列に殺到、みたいな
流れが全く無かったのでした。源ちゃんファンとかもっと凄いと思ったんだけど。

なので、ゆったり入場して最前の次のバーを余裕でゲット。
列で言えば5列目ぐらい。足元までは見えませんけど、だいたいよく見えます。

そんなこんなで、客層がちょっと今まで私が参戦してきたライブとは異なっていたので
全体的に会場を見回してみる。

驚いたこと1:女子のスカート率が高い・ジーパン率が異常に低い
驚いたこと2:物販でTシャツもタオルも売ってるのに装着率ほぼゼロ

所謂ロックなライブ…に行く雰囲気ではないんだな。
自分は一応ディスクユニオンで買ったときについてきたMUDA-Tを
着て上からパーカーはおるみたいな格好でいったんですが、
まさかこれが浮く形になるとは思いませんでした(^^;

ということで、人間観察をしたりバーにもたれかかったりして
このハコ規模では長すぎるだろという開演までの1時間をまったり過ごす。

-------------

…というわけで開演!

粛々と出てくるメンバーと、拍手。
客席に所謂狂乱な雰囲気は全く無い。暖かい拍手。

うん、やっぱりちょっと違うかもしれない。改めて。

そして始まる怒涛の「MUDA」からのナンバー!

CDJの時には源ちゃん・ハマケンの二人にばかり目がいったけれど
いやいやどうして、この距離でSAKEROCKに接してみて
まずは相当攻撃的なドラムにかなり驚きました。
近いってのは確かにあるんだけど、物凄くドラムの音が前に出てきてる。
ライブで印象変った!って感じました。

で、流れに身を任せつつMCが来るか?来るか??と思っていたけど
全く来ずに流れはとめどなく続き、このままMCなしで行ってしまうのかと
思った開演40分ほどすぎたところでようやくのMC。

--------

(とめどない演奏と室内の暑さにに息があがりまくってるメンバー一同)


源「…もうMCなしでいっちゃってもいいか…」

ハ「…こういう進め方だと、息あがっちゃって…
  …余計なことしゃべらなくていいからいいかもね…」

源「暑いんなら第一ボタンあけなよ」

ハ「いいの!」

源「…さて…今年のライブはクールビューティで行ってみようかと思ってて…」

ハ「…ん?」

源「いや、今年はクールビューティズムを追求したいと思ってて
  MCやらないで淡々と進めていくってのもありかなと」

ハ「クールビューティって男には使わないじゃね?
  てかクールビューティーって有名人でたとえると誰?小雪とか?」

源「そうだね、小雪とか?
  んんまあ! クールビューティズムってことで!」

※この後、このクールビューティズムの話はほぼなかったことになります。

源「…にしても、思いのほか暑かったな…
  今日もう半袖シャツになれない格好してきちゃったから…
  …暑いのここだけ?」

(客席もだいぶ暑かった)

ハ「暑いんじゃない?お客さんみんな血色いいもん!(笑)」

-------

そんなこんなで曲へ。「Green Land」。
ここからしばらくというか、最後のあたりまで「MUDA」ではない曲が続きました。
ベースはしばらくウッドベース。

いいなあ、ウッドベースの音。
個人的に学期で一番好きな音かもしれないなあと思います。
このあたりの演奏中はフロント二人よりも後ろのベースに釘付けでした。

で、かなりムーディーなひと時のあと、
やっぱりいつもな雰囲気のMC。

------------------

源「今日は仙台ってことで角張社長の地元ってことで
  さっき実家に帰ったりしてたようですよ」

カクバリ社長ちょっと顔をだす。

源「ということで、メンバー紹介します!トロンボーン浜野謙太!
  …今日は胸に漂流教室のバッジつけてますね」

ハ「主人公のショウ君です」

源「いいよね!漂流教室。すごい怖いんだ。
  それに凄く感動するんだよ。あの病院のとことか!」

ハマケンと源ちゃんの漂流教室トークが続く。
置いてきぼりの客席。

源「あれ?漂流教室読んだことある人っ!」

客席、ちらほらと挙手。

源「意外と少ないんだなー。
  次仙台来たらまた漂流教室トークをするからそれまでに読んでおくように!」

----

源「そしてベース!田中馨!
  馨くんは、今日は何のバッジ付けてるの?」

馨 「…やぎ」

源「『…やぎ』って!馨くんこころなしか山羊っぽいですけれども!」

馨「……」

源「今日はこの前二人だけじゃなくて後ろの二人にも
  ガンガンしゃべってもらおうと思ってましてですね。
  もっとしゃべっていこうよ!…って馨くん!
  しゃべるの放棄してるでしょ!
  マイク角張社長の方(舞台袖側)向いちゃってますよ!」

馨「えーっと…じゃあ仙台ってことで…」

源「わあ!馨くんが動いた!」

客席大歓声。

馨「仙台に行ったら絶対行きたい所がありまして…
  なんか凄く雰囲気のあるストリップ劇場があるって聞いてて…」

あ、そこ結構通勤で前通ってます(笑)有名なんだ。

馨「今日は時間的に無理かなーって思うんだけど、絶対いつか行きたいと思ってます」

ハ「でも今日終わるの早いから大丈夫なんじゃない?」

馨「…打ち上げ行かなくてもいいってなら(笑)。いい?いかなくて。」

そりゃ困るわと一同爆笑。

大地「そういやこいつこないだ上野で」

馨 「…あ、そうそう。こないだ上野でライブやった後に
   500円の日!って書いていたのでついエロ映画を見に行きまして…」

ハ「それってなんか危ない人たちの社交場になってたりするんじゃない?」

馨「みんなそこでどんな目にあったか知らないでしょ。
  なんかオッサンにずーっと見られてて、生きた心地しなかったんだから」

源「その人にとっては馨くんが主演女優だったんだな」

一同大爆笑。

源「ドラム、伊藤大地っ!」

源「大地くんは結構最近仙台にきたんだよね?」

大地「うん、正月に電車で北海道まで行って、初日の宿泊地点が仙台でした。」

大地「寒いなーって思ってはいたんだけど、これが東京から来たからそう感じるのか
  実際寒いのかよくわからなくて、町の人の反応見ようと思って。
  で、23時ごろ街の中をふらふら歩いてたら、飲み帰りのお父さんみたいな人が
  『今日は寒いなーーー!』って言いながら歩いてたから多分寒いんだなと思ったり」

リズム隊二人のキャラが立ってて面白かったです。

ハ「そしてギター!星野源っ!」

源「…えーと…正月かあ…何して過ごしてたかなあ。
  あ!えーと、家でずっと涼宮ハルヒ見てました!ブルーレイBOX買ったんで!」

会場、若干戸惑いの空気。

源「え、面白いんだよ、ハルヒ! ツンデレで!
  お客さんでハルヒ見たことある人っ! …うん、結構いるねえ〜」

(この後しばしハルヒトーク)

というわけで、明後日の方向にいきまくるメンバー紹介でした。

--------------------

その後「懐かしいナンバー」として「慰安旅行」からスタート。

演奏、本当に良かったんですけど、いかんせん曲名がわからないので
なんかMCの記録ばっかりになっちゃってスイマセン(^^;

なんかメンバー紹介までしか書いてないのにエラく長くなってきました。
でもまだまだMCネタは続くのでした。

というわけで、とりあえず前編はここまで。明日残り書きます。
こんなに長くなると思わなかった…(^^;


posted by 日高見 at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私も、来週SAKEROCK観に行く予定です!
整理番号は果てしなく最後なんで、後ろでまったり見るつもりですが、
私もあまり曲知らないんで、
せめてMUDAだけでももうちょっと聴かないとなぁと思ってます。

初SAKEROCK、今から楽しみです。
Posted by いづみ♪ at 2011年02月20日 23:03
→いづみ♪さん

おや!SAKEROCK参戦されますか!
後ろでまったりでもイイと思いますよ〜。
というか行こうと思えば結構簡単に前にも行けると思います(^^;

MUDA聞いておくと楽しいと思います。
私も知らない曲多かったですけど、でもインストのバンドって
知らなくても十分楽しめますよ♪

MCも含めて楽しんできてください♪
Posted by 日高見 at 2011年02月21日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。