2010年09月08日

酒とつまみを用意して見たい「最強のこれから」DVDの話。

というわけで、
以下「最強のこれから」DVDの感想です。
そんなに逐一内容を書いているわけではないですが、
一応ネタバレの範疇にはいるかと思われる文章ですので、
気になる方のみ続きをどうぞ。

B003TIB03G最強のこれから(DVD付)
奥田民生
KRE 2010-09-08

by G-Tools




----------

カンタビレで実際入場をすると、
OTが準備をしているところに出くわすわけですが、
入場の状況を見守っている部分はカットされているものの、
ちょっと機材を準備していたりする部分からスタートします。
なので、かなり実際のカンタビレ気分を味わえますね。

…そのため、参加した方は確実に酒とつまみが欲しくなります(笑)
お休みの日に酒とつまみを準備してから見ることを推奨します。

出来上がる曲がどんなものか、わかってから見るカンタビの映像って
やっぱり何かできるかわからないで見ているのとは全然違っていて、
なるほど、ここでは確かにこの楽器の出番がないからOTは動かないけど
観客はそれがよくわからないから動いていないOTを見て笑ったりする。
そのあたりの空気感がやっぱりカンタビならではだし、その様子を
上手くとらえている映像だと思います。

また、ダイジェスト映像なんかだと絶対にカットされる
gdgdな様子(例えばソファに横たわってみたり、機材の調整を
してみたり)も入っているのが貴重。

自分が楽器をやっているわけではないからそういう部分に目が
行くのかもしれませんが、あの特殊なカンタビ空間を
余すところなく再現しているDVDだと思います。

この曲に関しては各楽器の演奏にしても
ハラハラしたり安心したりあらかじめあるの用意したり(笑)
色々な気持ちで楽しめるバラエティに富んだラインナップなのも
見ごたえ感がかなりあっていいですね。
二時間ただただ同じフレーズを演奏しているだけなのに
全然飽きがありません。
そして何度見てもこのキーボードのハラハラすること!(笑)

配信で見たのとはやはり全然違う味わい。

OTRLのCD版がやけに「作品」という感じがしたんですが
スタジオMIX作業を見て、所謂楽器を演奏したり歌ったりするのとは
別の部分の匠スキルを発揮するOTにほれぼれ。
ああ、これだけ気合い入れて手を加えてるんだなあと思うと
会場の雰囲気そのままに聴いた配信版にも、作品として残ることになる
アルバム版にもそれぞれの魅力があるのだなあと味わい深く感じられました。

うん。まんまと「最強のこれから」の魅力が増してしまっている。

昨日の続きじゃないけど、音源がすでに手元にある方でも
本当にこのDVDは見てみてほしいものです。是非是非。
posted by 日高見 at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 奥田民生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会場に行けなかったので雰囲気が味わえて良かったです!

申し訳ないけどいつもなら聞き逃すというか気にしない部分まで聞こえてきて楽しいですよ(^o^)
Posted by りょう at 2010年09月09日 15:53
→りょうさん

そういえばそうですね。
実際いてもわからないつぶやきとか
こここうなってたんだと思うところとか
いろいろ楽しめるポイントが多い映像ですよね♪
Posted by 日高見 at 2010年09月09日 23:44
今、カンタビレ中です。
…まさかのフジテレビで。

ほのぼのと、そして、まったりとしていていいですね。
各会場をちょびちょびずつ網羅してました。

CDどうしようか悩んでましたが買いたいと思います!!
Posted by みいあ at 2010年09月16日 02:44
→みいあさん

いいなあ。こっちのフジ系では放送せずです(^^;
CD、いいですよ!
初回版のDVDとあわせてご覧ください!!
Posted by 日高見 at 2010年09月16日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。