2010年08月05日

なんどめだOTRL

というわけで、ようやくOTRLの感想など。
ネタばれとか一切考慮しないで書いていますので、
気になる方のみ続きをどうぞ。

※もちろん期待してないとは思いますが、
 音楽的用語ゼロで行きますので専門的なレポは
 専門知識豊富な方のレポをご参照ください(^^;


---------------

OTRL(初回生産限定盤)(DVD付)OTRL(初回生産限定盤)(DVD付)
奥田民生

曲名リスト
1. 最強のこれから
2. わかります
3. えんえんととんでいく
4. RL
5. 音のない音
6. たびゆけばあたる
7. ひとりカンタビレのテーマ
8. かたちごっこ
9. Room 503
10. 解体ショー
11. 暗黒の闇

1. 奥田民生ひとりカンタビレ 2010.5.7渋谷AX公演ダイジェスト
2. 奥田民生ひとりカンタビレ 各会場よりぬき質問コーナー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CDのほう。
曲については既出なものなので、違いについてなんかを中心に。

今回のCDはひとりカンタビレツアーで作成され、配信された
楽曲をまとめたCDなわけですが、その説明から一見
「配信と同じものがパッケージングされている」と思われがちでは
ありますが、実際のところはCD版にするにあたり
録音した素材そのものには手を加えないものの
その味付け方法、Mixが微妙に異なっていて、
聴いた時の印象が異なるものが結構あります。

デジカメやられる方なら録音されたデータがRAWで
最終的にどんなJPGになったかってイメージで考えてもらえれば
いいかなと思うんですけれども。

全体的に聴いてみた感じとしては
各音がとてもクリアになって聴きとりやすくなり、
音量のバランスが意識されているというか
各パートの立ち位置がだいぶ変わっているのですが

立ち位置のイメージ的には

録音したその時の感覚や、
観客をフィーチャーした感じ → 配信版

「奥田民生」の音楽作品 → OTRL版

という印象があります。

後者はよりOTっぽいという意味ではなくて、総合的に
奥田民生(とそのチーム)作品っぽいというイメージでしょうか。

ちなみに、昨日の日記で印象が違う!と
配信版を聴きなおしたのは「わかります」です。

この曲の最初のドラムのタタタンって音が好きなんですが、
OTRLだとかなり丸っこい音になって少し立ち位置が後ろに下がってますね。
シャカシャカした感じの配信版と、総合的にまとまった感があるOTRL版。
観客のコーラスも配信はクリアで結構各声が主張してますが、
OTRLはよりコーラスっぽいまとまりのある音になって位置が
後ろに動いている印象です。

また自分が仙台で目撃した「たびゆけばあたる」。
よく聴いてみると結構手が入っていて、最初間奏にだけ入れていた
観客のざわめきが曲の頭に入っていて、元あった位置でも
一応使われていますが音が大分絞られています。
それから会場にいた方は多分わかると思いますが、最後にコピペした
消え入りそうな位置の「棒ジョニ棒」が消えてますね。
この曲は構成自体いじられてるんで実はOTRLに入れるにあたって
ずいぶん悩んだ曲なのかもなという気も(^^;。
OTが好きな曲だからなのかな。

いつもは提供される完成された楽曲を聴くことしかできないのですが、
今回は作った工程を意識するからこそこういう見方ができるのだと思います。
聴き比べ、かなり楽しいですよ。
この夏あまりユニグッズは買わないわとお嘆きの諸兄、
是非そのお金でDL音源版ゲットしてみてください(笑)

新曲というか初聴きの「暗黒の闇」。
明るめの曲ってのは知ってましたが、かわいらしくていいなあ。
もちろんかわいいだけじゃないのがOTっぽくてイイのですが。
この曲の作成工程もかなり見たいですが…難しいんだろうなあ。

そして、DVD。
渋谷AX「ひとりカンタビレのテーマ」収録時の映像で
これまでのニュースZEROなんかでもちょこちょこ出てきた部分の
映像もあるんですが、できた曲をすでに知っている状態で
カンタビレ工程を見るってのもまた面白いです。

人の耳は言うことがあらかじめわかっていると
聴きとり辛い内容でも理解ができるようなのですが、
全く何をいうかわかっていない状態で聴き取り辛い内容を聞いても
理解ができないという実験をたまにテレビとかで見ますが、
まさにその現象なのかなと思います。

カンタビレ舞台で見てると
宮ちゃんはじめスタッフさんはほとんど見えないので、
ちょっと上からの視点での映像ってのもちょっと新しかったかも。

ただ、やっぱり30分にまとめるとカットは多いのでフルで見たいですね。
渋谷AX以外の映像はあまりきちんと残ってない印象がありますが、
DVDになるのかなあ〜?どうだろう。

そしてオマケの質問コーナー。
観客に書かせた紙からのものがほとんどですね。
もちろん観客のほうをそうそうメインで映せないだろうし、
一応一時期カンタビレ特設サイトでメールでも募集していたから、
(それを読んだ形跡は一切ないのだけど)紙を見て答えている
感じをメインにしたんでしょうか。
仙台は観客からのが面白くて孫の手とか獲得してた方がいたので
ちょっと残念かな(^^;
…ちなみに仙台は客席が全然映らなかったので私は映ってません。
ただ、OTが観客側に視線を落としたその先ぐらいに私がいたので
無駄にドキドキしてみてました(笑)

で、質問。
裸エプロン談義で終わっていいの!??いいのか?

…まあ、いいのかと
なんかまあこの企画らしいなと思ったのでした。

いや、いいCD+DVDですよ。
配信DLしたからいいやと思っている方も是非どうぞ。

posted by 日高見 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥田民生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158573638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。