2009年03月04日

大いなる叙事詩の一ピースに過ぎない。

こっちはジョジョネタ記事。

とりあえず、どんな状況下でも
新刊発売日にネタにはしなくては。

という訳で新刊17巻。

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
荒木 飛呂彦
4088746481


個人的にこれまでで一番
主人公誰だかわからない巻だと思ったり思わなかったり(笑)
ディエゴがここまで出ずっぱりな巻ってのも凄い。
SBRはストーリーの流れが大きすぎて、1巻あたりの切り取りが
物凄くぶったぎり感があって、状況把握がぼんやりしか出来ないのが
ちょっと難点…(^^;

この巻だけを切り取って、現時点で
「最高!面白い!ブラボー!」
という自信ははっきり言ってありません(笑)

これはこの巻だけで評価するものじゃなくて、
SBRという大きな流れのひとかけらに過ぎないなぁと
読んでてとっても思います。
とりあえず新刊では「状況の把握」に全精力を傾けています。

最初から通読した時の内容と今把握してる内容が
多分絶対違うんじゃないかと思いつつ読んでいるのが実情。
完結して最初からもう一度全部通して読むのを楽しみにしつつ…。

---------------
ちなみに、この巻で一番面白かったのは
作者近影部分の荒木先生のコメント。
毎度毎度一番楽しみにしてる部分です。
この短い文章でがっつりオチつける先生のセンス、最高です!



posted by 日高見 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョジョネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。